ここから本文です

K・ブライアントのラストダンスに日本のファンも涙

R25 6/30(木) 16:56配信

米バスケットボールNBAのスーパースター、コービー・ブライアントが4月14日(日本時間)、自身最後となる試合に出場。最後の最後までスーパースターらしい姿を見せたコービーに対し、日本のファンから熱い喝采と惜別の声が送られている。

コービーは1996年にロサンゼルス・レイカーズに入団し、移籍の激しいNBAでは珍しく、レイカーズ一筋で活躍。これまでNBAチャンピオン5回、得点王2回、シーズンMVP1回、オールスター出場18回、オリンピック金メダル2個(北京・ロンドン)など、華々しい記録を残してきた。しかし、昨年11月に、

「今シーズンが私が与えられる全て」
「私の身体はお別れの時だと告げている」
(一部抜粋)

というコメントを発表し、今シーズン限りで20年に及ぶ現役生活から退くことを表明していた。

レイカーズはすでに今シーズンのリーグ最下位が確定しており、試合へのモチベーションを保つのは難しい状況だったが、コービーは最後までスーパースターだった。チームメイトはこの日限りでコートを去るコービーに徹底的にボールを集め、コービーは今季自己最高となる60点を記録。彼の活躍もあって、チームは101対96でユタ・ジャズに勝利した。

まさに「有終の美を飾る」という表現にふさわしいコービーのラストダンスには、日本のファンも痺れてしまったようだ。ツイッターには、

「コービーのラストゲーム見て涙出たわ。 本当に凄すぎる」
「コービーブライアント凄すぎる やっぱり神だわ スーパースターってこーゆー事だよな お疲れ様でした!」
「あー泣きそうだわ!! やっぱりコービーはコービーだよ!!!! 20年間の長いキャリアお疲れ様でした!!」
「最後の最後に伝説を作った。この時代の真のスーパースター。 ありがとうコービー」

と、感謝・感動・惜別が混ざり合ったコメントが殺到し、1試合60点という偉業に、

「コービー凄すぎる笑 なんでやめるのさ…」
「コービーえぐすぎる! これが引退する選手かよ…」
「コービーの最終戦泣いたわ。 60得点とか引退する必要ないだろ」

など、引退を惜しむ声が続出。この日は、ゴールデンステート・ウォリアーズが新記録となるシーズン73勝を達成するというビッグニュースもあったが、話題をさらったのはコービーだった。
(金子則男)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/30(木) 16:56

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場