ここから本文です

佐渡裕、音楽について熱く語る

Smartザテレビジョン 6/30(木) 15:24配信

6月から3ヶ月に渡りCS放送のクラシカ・ジャパンにて特集されている「世界に挑む日本人たち」。第2弾の7月は、指揮者・佐渡裕にフォーカスを当てる。

【写真を見る】「音楽を通して、この時を一緒に生きていると感じることができるのが音楽の持つ力である」と語る佐渡

オーストリアを代表するトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督として指揮台に立つ佐渡は、番組「クラシカ・音楽人<びと>」内で、世界的指揮者バーンスタインのアシスタントとして過ごしたウィーンでの生活、現在の目標、目指す音楽について熱く語る。

他にも同チャンネルでは、佐渡が指揮をした2015年の『フィガロの結婚』などの日本初放送番組を含む4番組に加え、9月には8月19日(金)に行われる「グラフェネック音楽祭2016」の10周年記念のオープニングとして披露される佐渡とトーンキュンストラー管弦楽団による「ベートーヴェン:第九」が、日本初放送される。

最終更新:6/30(木) 15:24

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。