ここから本文です

すべての競技に通じる「トランポリン」の空中感覚

R25 6/30(木) 16:56配信

2000年のシドニーオリンピックから正式種目となった「トランポリン」。アクロバティックな空中での演技が魅力で、かつエクササイズとしても効果的なことから人気となっている模様。

こちら、「大泉スワロー体育クラブ」のトランポリンの専門コースは、リオ五輪にも2人の選手を送り出すことが決まっている名門。今回はこちらの教室で、小学生以上を対象とした一般コースと大会に向けて特訓中の小中学生が集まる育成コースを見学しました。取材に対応いただいたのは、ご自身が第2回日本ダブルミニトランポリン競技選手権優勝の経験を持つ後藤 健先生です。

■トランポリンは空中で身体感覚を磨くスポーツ
トランポリンを習うことには、どのような効果があるのでしょうか?

「跳んでから着地まで、短い時間の間に次にとるべき行動を予測し実践するので、とっさの判断力、危険回避能力が高められます。また自分の位置を平面でなく立体で捉えるため、空間認識能力も高まるんですよ。もちろん、全身の筋肉も鍛えられますが、跳躍のための筋肉というよりも空中でバランスを取るための筋肉がつくことがポイント、つまり体幹が鍛えられるのが大きなメリットです」

自分の身長よりもはるかに高い跳躍をほぼ垂直に連続して繰り返す…。他にそんなスポーツないですからね、それらのトランポリン“ならでは”の効果は確かに魅力的に思えます。

「ただ、私は跳ぶことで得られる楽しさこそがトランポリンの一番の魅力だと思います。メンタルケアにトランポリンが使われることもあるぐらいで、どうやら人間は嫌なことを忘れてしまうほど跳ぶことが楽しいようです」

確かに練習中の子供たちを見ていると、真剣な顔でありつつも楽しそうに、気持ちよさそうに跳ねている。初めに入ることになる一般コースは準備運動、ストレッチなどを含めて1時間15分で1レッスン。まずはただ真っ直ぐに跳ぶことから覚え、次に座った姿勢のままおしりで着地、そして空中で開脚などの技を覚えていく。そして、習い始めた子供たちにとって最初の目標であり、壁となるのが「前方宙返り」「後方宙返り」といった回転系の技。

「この壁を越えた時の感覚をたとえると、初めて補助輪なしの自転車に乗れた時の感じに近いかもしれません。世界の見え方が変わるというか、どこか違う自分に変身できたというか。宙返りを成功させた子供は輝くような笑顔を見せてくれます。ここに到達すると、もう『トランポリン大好き』になりますね」

特撮ヒーローのような空中アクロバットが出来るようになるのだから、それは嬉しいでしょうね。ちなみに筆者もほんの少しだけ体験させていただきましたが、自分の脚力のみではありえない高さの跳躍と滞空時間の長さは、跳んでいるというよりも“飛んでいる”感じ。うわ~、楽しい!!

「大人も思わずはしゃいでしまう、これが先ほども言ったトランポリンの魅力です(笑)。トランポリンでしか得られない運動効果は、およそすべてのスポーツ、競技でも有効。お子さんがいずれ他の競技を目指すにしても、一度は習っておいて損はないと思いますね」

他では得られない「ならでは」の価値と、他にも応用が利く「基礎」としての価値を併せ持つトランポリン。子供に初めて習わせるスポーツに迷っているなら、これはかなりの有力候補になるのでは?
(宇都宮雅之)

■個性派“キッズ向け”スポーツ教室 第7回

大泉スワロー体育クラブ
場所:東京都練馬区東大泉4-31-6
最寄駅:西武池袋線大泉学園駅 徒歩10分
電話:03-3925-6006

【トランポリン教室時間】
・平日
年少~小学生 15:30~16:45/小学生 16:50~18:05
・土曜、日曜
年少~小学生 9:00~10:15/10:20~11:35
※他にも年少、小学生が受講できるコース、体験教室もアリ。詳細は直接問い合わせを

【料金】
直接問い合わせにて確認レッスンは生徒8人(以内)と指導者1人の班で構成。1~2分跳んだら交代していく
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/30(木) 16:56

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場