ここから本文です

GWに散財した人向け!?オトコの“贅沢尽くし”レシピ

R25 6/30(木) 16:55配信

GWに旅行やイベントで散財した人たちのなかには、「しばらくの間、休日は家にいよう…」なんて考えている人も多いかもしれない。ならば、一日家にこもって、ゆったり“贅を尽くした”オトコのクッキングに時間を使う…のはいかがだろう。今回は、料理家の平尾由希さんに、オトコの休日の贅沢時間に最適なレシピについて聞いた。

紹介してもらったのは、「旬の食材を贅沢に使った前菜」「時間を贅沢に使ったメイン」「手間を贅沢にかけたデザート」という“コース風”の3品!

●前菜「ニース風ごちそうサラダ」

スナップエンドウ、新じゃがいもなど、この季節ならではの食材をふんだんに使う優雅な休日にぴったりの具だくさんサラダ! 食材が豊富にそろったスーパーで、ゆったりこだわりの素材選び…というのも、休日の贅沢な過ごし方になりそう。

【材料(2人前)】
鮭の水煮缶1缶、レタス4枚、ゆで卵1個、スナップエンドウ4本、新じゃがいも大1個、トマト1/2個、赤たまねぎ1/4個、きゅうり1/2本、ブラックオリーブ2個

(A)アンチョビフィレ(包丁でペースト状にたたく)2枚、にんにくすりおろし小さじ1/4、ディジョンマスタード小さじ1、白ワインビネガー小さじ2、塩・こしょう各少々、オリーブオイル小さじ2

【作り方】
(1)レタスは食べやすい大きさにちぎる。卵は固めに茹でて輪切りにする。スナップエンドウは筋を取ってさっと茹でる。じゃがいもは茹でて皮をむき、食べやすい大きさに切る。トマトはくし切り、赤玉ねぎときゅうり、ブラックオリーブは輪切りにする。

(2)(A)を順に混ぜ合わせてドレッシングを作る。
(3)(1)の食材を鮭の水煮とともに色よく皿に盛りつけ、(2)のドレッシングをまわしかける。

●メイン「マリネ豚とあさりの煮込み」

豚肉の仕込みやあさりの砂抜きなど、忙しい平日にはまず不可能なこちらの料理。時間のある休日に、好きなことをしながら、ゆっくり食材の仕込みを行うのは、時間を贅沢に使った至福のひととき!

【材料(3~4人前)】
豚肩ロース(ブロック)1kg、春キャベツ1/4個、あさり(砂抜きをする)300g、オリーブオイル大さじ2、白ワイン1/2カップ

(A)塩小さじ1/4、こしょう少々、タイム2本、ローズマリー1本、ローリエ1枚、にんにく(つぶす)1片、オリーブオイル1/4カップ、チキンブロス(鶏がらスープも可)2カップ、砂糖大さじ1/2、顆粒コンソメ小さじ1/2、塩・こしょう各少々、粒マスタード(お好みで)適量

【作り方】
(1)ポリ袋に豚肩ロースと(A)を入れてもみ込み、2~3時間マリネする。
(2)厚手の鍋にオリーブオイルを熱し、(1)の豚肉を入れて表面にこんがりと焼き色をつけて皿に取り出す。
(3)鍋に白ワインを入れ、強火でアルコールを飛ばしながらヘラで焦げをこそぎとる。
(4)あさりを加え、口が開いた順に皿に取り出す。
(5)鍋に(2)の豚肉を戻し、チキンブロス、砂糖、コンソメを加えて中火で1時間煮込む。
(6)キャベツを加え、あさりを戻して5分ほど煮込み、塩、こしょうで味をととのえる。
(7)豚肉を食べやすい厚さに切り分けて皿に盛りつけ、お好みでマスタードを添える。

●デザート「ごろごろ果実のマンゴームース」

贅沢な食事タイムを締めくくるこちらには、ぜひマンゴーを使ってみたいところ。手間をかけた贅沢デザートなら、心とお腹が存分に満たされるはず!

【材料(4個分)】
〈ムース生地〉
牛乳1/4カップ、板ゼラチン(冷水でふやかす)5g、グラニュー糖15g、マンゴー(ミキサーでピューレ状にしたもの)200g、生クリーム1カップ

〈マンゴージュレ〉
水1/4カップ、板ゼラチン(水でふやかす)3g、グラニュー糖大さじ1/2、マンゴー(ミキサーでピューレ状にしたもの)100g、マンゴー(1cm角に切る)1個

【作り方】
ムース生地
(1)小鍋に牛乳を入れて弱火にかけ、ゼラチン、グラニュー糖を加えて溶かす。
(2)あら熱が取れたらマンゴーピューレを加えて混ぜ合わせる。
(3)ボウルに生クリームを泡立て、(2)を加えて混ぜ合わせる。
(4)器に流し入れ、冷蔵庫で1時間冷やし固める。
(5)小鍋に水を入れて弱火にかけ、ゼラチンとグラニュー糖を加えて溶かす。マンゴーピューレを加えて混ぜ合わせ、ジュレを作る。
(6)固まった(4)に(5)のジュレを流し入れ、マンゴーを飾って冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

時間や手間ヒマは掛かっているものの、意外に工程はシンプルで作りやすいオトコ向けのレシピ。友人や恋人と贅沢な時間を共有するも良し、量を調節して一人で楽しむも良し、次の休日にぜひお試しあれ!

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/30(木) 16:55

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。