ここから本文です

西日本初!妖怪ウォッチ公式ショップが福岡にオープン

東京ウォーカー 6/30(木) 17:53配信

7月1日(金)、キャナルシティ博多 ノースビル2階に「妖怪ウォッチ オフィシャルショップ ヨロズマート 福岡総本店」がオープンする。常設で「妖怪ウォッチ」の関連商品を専門に扱う公式店舗は、豊洲(東京)に続き全国2店舗目で、西日本エリアでは初となる。

【写真を見る】西日本エリア初のオフィシャルショップの内覧会にて、妖怪ウォッチの生みの親・日野晃博氏とジバニャン&コマさんが挨拶を行った

同店は、妖怪たちが住む“妖魔界”を完全に再現。入り口では大きな目玉が客を迎える他、コマさんの実家の時計台や、エンマ大王の別荘やイスを設置。今までにない、新たな妖怪ウォッチの世界を体験できる。

オープン前の内覧会に、妖怪ウォッチの生みの親である株式会社レベルファイブの日野晃博社長とジバニャンとコマさんが登場。日野社長は「妖怪ウォッチは、大人と子供が話題を共有できるコンテンツ。親子で見てると、大人だけが笑えるネタなどもあるので、そこで『いまなんで笑ったの?』と、子供との間にコミュニケーションが生まれる。なので、家族みんなで妖怪ウォッチを楽しんでほしい」と語った。

店内には、ヨロズマートでしか購入できないオリジナル商品をはじめ、「くったりぬいぐるみだニャンL 日ノ神」(2500円・税抜)や、地元の菓子メーカーとコラボした「ジバニャンのにわかせんべい」(750円・税抜)、「コマさんのほっぺ」(1000円・税抜)など、福岡総本店限定のアイテムも登場。また、ゲームやアニメに描かれている“アッカンベーカリー”が常設。クリームパン、カレーパン、アッカンベーグルをはじめ、かわいいキャラパンや、季節に合わせたメニューが販売される。家族みんなで“妖魔界”に出かけてみよう!【福岡ウォーカー】

最終更新:7/4(月) 16:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。