ここから本文です

又吉直樹が鎌倉&東京で俳句散歩

Smartザテレビジョン 6/30(木) 18:30配信

BSフジでは、7月3日(日)に「又吉直樹の五・七・GO!~新しい日本が見える俳句旅~」(夜9:00-10:55)を放送。又吉直樹、俳人・堀本裕樹、唐橋ユミが浮かんだ言葉をメモする“コトバ手帳”と歳時記を持って街を歩き、俳句の題材となる言葉を集めながら街を散歩する。

【写真を見る】又吉らは“コトバ手帳”と歳時記を持って神奈川・鎌倉へ

はじめに訪れたのは神奈川・鎌倉。長谷寺で花ショウブやアジサイを眺め、その後は鎌倉市内を散策する。さらに、堀本お薦めの妙法寺と浄妙寺を訪れると、鎌倉での一句に挑む。

続いて一行は東京へ向かい、渋谷と原宿をつなぐキャットストリートで言葉を探す。そして、最後は松尾芭蕉ゆかりの地・清澄白河の芭蕉記念館で、最後の一句を詠む。

最終更新:6/30(木) 18:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。