ここから本文です

猫ひろし、リオ五輪出場の見通し ネットは大絶賛

R25 6/30(木) 17:59配信

カンボジア国籍をもつお笑いタレント猫ひろし(38歳)が、リオ五輪・男子マラソンのカンボジア代表に選出される見通しだと報じられ、反響を呼んでいる。日刊スポーツによれば、猫の代理人がカンボジアのオリンピック委員会から連絡を受けたことを明かしたといい、正式な発表は6月3日の予定だ。

猫は2011年にカンボジア国籍を取得。2012年のロンドン五輪では同国代表に選出されたものの、国際陸上競技連盟が参加資格を満たしていないと判断したため、出場断念を余儀なくされた。そして、今年5月8日の五輪代表選考会で、他の選手を10分以上引き離し、猫は2時間44分2秒で優勝。ただし、五輪の参加標準記録(2時間19分)には届いていないため、出場の可否を協議する、とされていた。

Twitterでは、

「猫ひろしってカンボジア人になって最初は叩かれまくったけどオリンピック代表獲得出来るまでずっと頑張ってたんだから凄いわな」
「4年前は国際陸連が待ったをかけてポシャりましたけど、そこで投げずに4年間努力したのは凄い根性かと。年齢考えたらガタッと成績落ちてもおかしくないですからね」
「猫ひろしって芸人じゃんでも、彼は努力してオリンピック出場勝ち取ったすごいよ国籍は日本ではないけど、素晴らしい」
「是非リオで走る姿をみたい 頑張ってほしい」

など、不断の努力を続ける猫の姿勢に称賛を送る声が多数寄せられている。反響を受け、猫は自身のTwitterに、

「皆様メッセージ本当にありがとうございます!ただまだ正式には決定していないので、正式発表を信じて待ちます。引き続き犬に追いかけられながら練習します!本当にメッセージありがとうございます。ニャー」(5月26日のツイート)

と投稿。その後もカンボジアでの練習の経過などを報告している。

カンボジア国籍を取得したときには賛否両論が渦巻いたが、努力を続けることの大切さを身をもって表した猫。リオ五輪出場となれば、大注目されるのは間違いない。
(花賀 太)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:6/30(木) 17:59

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。