ここから本文です

女性のハンドバッグはこの100年でどう変わった?

ハーパーズ バザー・オンライン 6/30(木) 12:33配信

女性のバッグの中身は、常に持ち運ぶ必要があるものが詰まっているという意味で、その人の人生が表れていると言える。一方、バッグそのものは女性のスタイルを表している。小さいクラッチなのか、大きなトートバッグなのか。どれくらいの容量を持ち運ぶ必要があるのか、次に彼女がどこへ向かうかを示している。

ファッションのトレンドはこの100年で劇的に変わったが、いつの時代も変わらないのは、どんなドレスを纏い、どんなタイプのハンドバッグを持つかという問題は常に女性たちの関心の中心にあるということ。
 
オンラインメディアの“Mode”は、1916年から今日までに女性のバッグがどう変化を遂げたかを一つの動画を公開した。

1916年

こちらが1916年のレースのバッグ。すべてが華奢で、繊細だ。

1966年

時を経て1966年の一例がこちら。バカンスムードが漂うバッグとその中身。気分は60年代のサルディーニャ?

2016年

そして、2016年。ポンポンがついたバッグは、重いヘッドフォンやセルフィー棒、携帯電話やお菓子が入るほど大容量に。

最終更新:6/30(木) 12:42

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。