ここから本文です

ロボットと人間の未来社会とは何か?~大阪大学大学院教授・石黒浩氏×千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長・古田貴之氏

GLOBIS知見録 6/30(木) 11:46配信

GLOBIS知見録

製造現場における産業用ロボットの普及が進み、人型ロボットはいまや生活の中で身近な存在となりつつある。人工知能やIOTの技術革新によって、ロボットは生活のあらゆるところに存在するようになり、産業・医療・福祉・教育・コミュニティ、あらゆるシーンが変革されていく。ロボットは、人間の未来をどのように変えるのか。人とロボットが共生する社会とは。限りなく人間に近いアンドロイドの開発で知られる石黒浩氏、パーソナルモビリティ「ILY-A」の生みの親である古田貴之氏を迎えて議論するダイジェスト版。本日、「GLOBIS知見録」にて完全版も同時公開しています。

スピーカー
大阪大学大学院 基礎工学研究科 教授・石黒浩氏
千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 所長・古田貴之氏

(肩書きは2016年3月20日登壇当時のもの)

石黒浩、古田貴之

最終更新:6/30(木) 11:46

GLOBIS知見録

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GLOBIS知見録

株式会社 グロービス

国内最大MBAスクールの学びが満載の「ビジネスを面白くするナレッジライブラリ」。マネジメントやリーダーシップに関する動画やコラム、セミナー情報などをお届けします

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。