ここから本文です

『ザ・ビートルズ』特報映像にポールとリンゴが登場 ポール「僕たちは、かなりビビってた」

リアルサウンド 6/30(木) 4:00配信

 ザ・ビートルズのドキュメンタリー『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK‐The Touring Years』の特報映像が公開された。

 本作は、イギリスのロックバンド“ザ・ビートルズ”の結成初期から、世界的ムーブメントを巻き起していく模様を描いたドキュメンタリー。アップル公式作品として公開されるのは、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から21年ぶりのことだ。

 今回公開された特報は、1965年8月15日、シェイ・スタジアム(ニューヨーク)で行われたコンサートに、ザ・ビートルズが登場するシーンから始まる。当時、野球場でのコンサートを行ったのはビートルズが初めてのことで、シェイ・スタジアムには56,000人もの観衆が集まった。

 また、ザ・ビートルズの楽曲“ツイスト・アンド・シャウト”の演奏と共に流れる映像には、1963年11月20日のABCシネマ(マンチェスター)の様子が収められている。この映像は、デジタル修復され、カラーで蘇った世界初公開のもの。映像中盤のインタビューシーンでは、ポール・マッカートニーが「僕たちは子供だったし、かなりビビってた」と語り、リンゴ・スターも「僕らはすべてを音楽に注ぎ込んでた」と、当時を振り返るコメントを寄せている。

 本作の海外公開は、ロンドンで開催予定のワールドプレミアの後、9月15日にイギリス、フランス、ドイツ、9月16日にアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで予定されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/30(木) 4:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。