ここから本文です

湘南に来たら立ち寄りたい 地元が認めたラーメン店

エイ出版社 6/30(木) 17:20配信

個性豊かな湘南ラーメン4選

『湘南』といえば、海をバックにしたオシャレなカフェをイメージする人が多いと思うが、実はラーメンの激戦区であり、そして編集Mの地元でもある。そして当然のことながら(?) 地元民はオシャレなカフェよりも、やはりラーメン屋のほうに足が向くことが多いのだ。ここでは、数ある人気店の中から独断と偏見で4店をピックアップしてご紹介したい。いずれもB級グルメをうならせる逸品だ。

◆花水ラオシャン本店

湘南で知らぬ人はいないほどの人気。湘南ベルマーレの選手たちが足しげく通う店としても知られる有名店だ。看板メニューのタンメンは酢の味が上品に香る美しく透き通ったスープに、カンスイや卵を使わない自家製の細麺、具は粗みじん切りの玉ネギだけと究極にシンプルながら、一度食せば誰もが虜に。この基本のタンメンにネギ、ワカメ、チャーシューなどをトッピングしたものがメニューに加わる。パリッと焼き上げた皮と、野菜たっぷりのふわふわあんが美味な餃子で脇を固めれば完璧。飲み物はビールや日本酒のほか、おすすめは店主こだわりの島酒(石垣島産の泡盛)でタンメンとの相性も抜群だ。

(左)辛子味噌であえた白髪ネギと細切りチャーシューがこんもり。ベースの玉ネギ、万能ネギの3種ネギの競演。700円。餃子(奥)350円。
(右)店内は厨房を囲むように配されたカウンター席のみ。休日やランチタイムは行列覚悟で!

住所:平塚市花水台29-4
Tel:0463-36-0269
営業時間:10:30~22:00
休日:木曜

◆佐藤製麺所

川崎・百合丘で20年間、人気を博していたラーメン店が2015年7月に辻堂へ移転。湘南の明るい雰囲気やオープンな地元民気質、子ども連れや年配が多い客層を考慮して、移転後は鶏白湯ベースのあっさり味に調整したという。こだわりの自家製麺は、数種類の小麦をブレンドしてうどん用の太さに打ったものを一日寝かせた無添加麺。オリーブオイルや黒ゴマなどのヘルシーな素材や、ラーメン店らしからぬ店構えとも相まって、女性客のほうが多いくらいとか。

(左)ゴマだけでなく、クミンやカレーパウダーなどのスパイスが効いたタレは、クセになる美味しさ。最後に〆ライスを加えてボリューム満点。ガッツリ系も大満足。880円。
(右)鶏がらスープに、いりこやサバ節などの魚介系スープを合わせたWスープ。口に含んだ瞬間にぷーんと広がる濃厚な魚介の香りが食欲をそそる。800円。

住所:藤沢市辻堂西海岸1-8-3
Tel:なし
営業時間:11:00~16:00
休日:不定

1/2ページ

最終更新:6/30(木) 17:20

エイ出版社

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。