ここから本文です

本田、ミランで“信頼ゼロ”から再出発。やはり新監督の予想布陣に名前なし

フットボールチャンネル 6/30(木) 1:50配信

 ミランの日本代表FW本田圭佑は再びクラブで信頼“ゼロ”の状態から再出発を図るようだ。

 イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』は29日、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督による予想布陣を伝えた。その中には本田の名前はなく、同選手は再び熾烈な先発争いを強いられると予想している。

 本田は指揮官が変わるたびに予想布陣からは外れ、忍耐と少ない出場機会の中でアピールを重ねて先発をもぎ取ってきた。今回も全く同じ展開になるとみられており、モンテッラ監督に自らの実力も認めさせるところからスタートする必要がありそうだ。

 現時点での予想布陣は4-2-3-1となっている。

GK:ドンナルンマ
DF:アバーテ、パレッタ(サパタ)、ロマニョーリ、デ・シリオ
MF:クツカ、モントリーボ
MF:※ピアカ、※ソリアーノ、ボナベントゥーラ
FW:バッカ(ラパドゥーラ)
※は獲得候補選手

 モンテッラ監督はフィオレンティーナ時代は4-2-3-1と4-3-3、そして3-5-2と3-4-2-1を使い分けサイドアタックを中心とした攻撃を得意としている。シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が会長職にとどまった場合「4-3-1-2指令」が予想されるが、同監督はメインの布陣に4-3-1-2を採用したことはない。

 中国資本への売却も近いとみられているミランだが、果たして来季どのようなサッカーを展開するのだろうか。

(文:Keiske Horie)

フットボールチャンネル

最終更新:6/30(木) 6:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。