ここから本文です

どこまでも旅していきたい。トラベルトレーラーでアメリカンなキャンプはいかが?

エイ出版社 6/30(木) 17:40配信

泊まるだけでグッとアメリカンな気分

外国映画などでよく見かけるトラベルトレーラー。トレーラーを牽引し、何日も何週間も旅する様子に憧れる人も多いのではないだろうか? そんなトラベルトレーラーのアメリカ代表と言えるのがエアストリーム。飛行機製造の技術から生まれた地金むき出しの無骨なボディはいかにもアメリカ的。そして、木造のインテリアはハリウッド映画で見る旧きよき時代の住宅を思わせる。つまり、エアストリームに泊まるだけでグッとアメリカンな気分を味わうことができるのだ。

というわけで、ここではエアストリームとはどんな物で、どんな装備があるのかを、『CLUB HARLEY』誌面でも活躍中のハーレー乗りの鬼教官・ホギー軍曹に紹介してもらうことにした。やや怪しいビジュアルについては、この際ひとまずおいておこう。

大勢でワイワイ楽しむのにうってつけ!

さて、今回紹介するのはエアストリームの最高峰にして王道の“クラシック”だ。訪れたのは、茨城県にある『グリンヴィラ』。ここはオートキャンプ専門誌のアンケートで毎年上位に入っていて、週末ともなれば予約開始と同時に満室になるほど人気の施設だ。県営の広域公園内にあるので、プールや温泉、スポーツ施設なども充実。1組の占有スペースが広いので、大勢でワイワイ楽しむのに最適なのである。

さて、では行ってみよう!

(左)限られたスペースでの機能性を重視して家具などは簡素なものになりがちだが、エアストリームは天然木に装飾を加えた物をしつらえている。こんなところにも、アメリカ人の遊びに対する考え方が現れている。
(右)まるでホテルのように収納スペースが充実しているので、ゆったりとくつろげる。

バーベキュー食材がラクラク保存

(左)十分なスペースのキッチン。アメリカサイズだから少し高さがある。グリンヴィラでは電磁調理器と電子レンジ、食器や調理器具が用意されているから手ぶらでやってきてもOKだ!
(右)冷蔵庫は、冷凍室も備えたものが装備されている。これだけのスペースがあれば、3日分くらいのバーベキュー食材がラクラク保存できる!

1/2ページ

最終更新:6/30(木) 17:40

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。