ここから本文です

キャラガー氏、次期イングランド指揮官に米国代表監督を推薦。コパ4位に導く

フットボールチャンネル 6/30(木) 7:10配信

 現役時代にイングランド代表として活躍していたジェイミー・キャラガー氏が、アメリカ代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督を次期イングランド指揮官に推薦した。29日に独メディア『スポルトワン』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 イングランドはEURO2016の決勝トーナメント1回戦でアイスランド代表に1-2で敗れベスト16で敗退していた。試合後にチームを率いていたロイ・ホジソン監督が辞任を発表し、現在はイングランドサッカー協会(FA)が後任探しに動いている。

 現時点でU-21イングランド代表を率いるギャレス・サウスゲート監督が暫定的に指揮を執る可能性が浮上している。また、次期指揮官候補として名前が挙がっているのはアーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督、そして自ら立候補しているアラン・シアラー氏の2人だ。

 だが、キャラガー氏は「私が考える新監督はユルゲン・クリンスマンだ。彼はW杯でドイツ代表を準決勝に導き、コパ・アメリカでアメリカ代表を準決勝に導いている」と語り、クリンスマン監督を推薦した。2006年W杯ではドイツを3位に、コパ・アメリカではアメリカを4位に導いている。

フットボールチャンネル

最終更新:6/30(木) 7:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。