ここから本文です

宮川大輔&藤森慎吾、『ミュータント・タートルズ』続編の声優に抜擢 本予告映像&ポスターも

リアルサウンド 6/30(木) 12:01配信

 宮川大輔とオリエンタルラジオの藤森慎吾が、8月26日に公開される映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』の日本語吹替版声優を務めることが決定。あわせて本予告映像とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、1984年に発売された原作コミックをマイケル・ベイ製作で映画化した『ミュータント・タートルズ』の続編。影の軍団ニンジャ・タートルズが、仲間を守るため、世界を救うためにNYの街を飛び出し、世界を舞台に暴れまわる模様を描く。

 宮川と藤森が声優を担当するのは、タートルズたちの新たな敵である、イノシシとサイのミュータント。声優初挑戦の宮川はロックステディ、藤森はビーバップの声優を務める。

 本作を配給する東和ピクチャーズは、起用理由について「今回、タートルズの敵役として登場するロックステディとビーバップは、敵でありながらもどこか憎めない、パワフルさとマヌケさを持ったキャラクターです。二人のコミカルな掛け合い、タートルズとの激しいバトル&罵り合い(?)は、作品にさらなる興奮と笑いの要素を加えてくれます。宮川大輔さんのお祭り感のある元気なイメージと、藤森慎吾さんのリズミカルでハイテンションな芸風は、ノリノリのタートルズたちに対抗するには相応しい、日本最強の組み合わせであると考えました。宮川ロックステディ&藤森ビーバップが、どんな化学反応を起こし、タートルズとどんなバトルを繰り広げるのか、是非ご期待ください!」とコメントした。

 あわせて公開された本予告映像には、タートルズたちがニンジャのごとく暴れ回る姿や、ビーバップ&ロックステディとの闘いの一部などが収められている。一方のポスタービジュアルでは、“世界最強軍団、影から参上! 世界最狂の敵をぶっ飛ばせ!!”のコピーとともに、影の軍団であるタートルズたちが、水の上で暴れまわる姿が捉えられている。なお、本予告映像とポスターは、7月1日より全国の劇場で展開される。

■ロックステディ役・宮川大輔コメント
・声優のオファーをもらっての感想
とてもうれしいです。フィギアを持ってるくらいなのでうれしかった。

・タートルズ、過去作品の感想
キャラクターが大好きです。

・藤森と共演することについての感想
(藤森が)リズムネタをやっているから、いいテンポでできたらと思います。期待しています。

・意気込み
関西弁でできるので、藤森とええコンビでできたらいいと思う。

■ビーパップ役・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
・声優のオファーをもらっての感想
好きな作品なので光栄です。小学生の時からミケランジェロファンでした!

・自身が演じる役柄についての印象
悪者だけど、なんかいい奴そうという印象。

・宮川と共演することについての感想
お笑いはもちろんですが、お芝居などでも尊敬するすごい先輩なので、胸を借りたい。
でも、僕の方が印象に残れっ!とは思ってます。

・意気込み
やりがいのあるキャラクターです。
観てもらえる方に楽しんでいただけるような役に仕上げたい。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/30(木) 12:01

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。