ここから本文です

“ペップ”シティ新監督、バルサの守護神を強奪? GKに足元の技術を要求

フットボールチャンネル 6/30(木) 7:40配信

 来季よりマンチェスター・シティのベンチに座るジョセップ・グァルディオラ監督はバルセロナの守護神獲得に迫っているようだ。29日付け『アス』が報じた。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 現在マンチェスター・シティのゴールマウスを守るGKジョー・ハート。グアルディオラ監督はイングランド代表として参戦したEURO2016でのハートのパフォーマンスを見守っていたが、同選手の能力に満足することはできなかったようだ。そして、新たな守護神としてチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの獲得を検討しているという。

 ブラーボはチリ代表主将としてコパ・アメリカ・センテナリオを優勝し、さらに大会ベストGKにも選ばれた。足元の技術が高く、まさにグァルディオラ監督が望むタイプとしてぴったりである。

 バルセロナではビクトール・バルデス、バイエルン・ミュンヘンではマヌエル・ノイアーと、高い足元の技術を持つGKを主軸に据えてきたグアルディオラ監督。果たして、古巣から守護神を強奪することはできるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:6/30(木) 9:52

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。