ここから本文です

89歳ピアノ教師を追ったドキュメンタリー『シーモアさんと、大人のための人生入門』予告編公開へ

リアルサウンド 6/30(木) 12:01配信

 イーサン・ホーク監督作『シーモアさんと、大人のための人生入門』より、日本版予告編が公開された。

 本作は、89歳のピアノ教師シーモア・バーンスタインを追ったドキュメンタリー映画。50歳でコンサート・ピアニストとしての活動に終止符を打ち、以後の人生を“教える”ことに捧げてきたバーンスタインが、決して平坦ではなかった人生を、ピアノの調べとともに語る。

 メガホンを取ったのは、イーサン・ホーク監督。アーティストとして、一人の人間として行き詰まりを感じていたホーク監督が、ある夕食会で87歳(映画製作時)のバーンスタインに出会い、彼と彼のピアノに魅了されたことにより制作に至った。

 このたび公開された予告編では、シーモア・バーンスタインのピアニストとしての成功や、朝鮮戦争時代のつらい記憶、演奏会にまつわる不安、舞台恐怖症になったホーク監督を救った言葉などが、ピアノの旋律とともに収められている。また、ホーク監督の依頼で35年ぶりに開かれた演奏会の模様も収録されており、客席にはマーク・ラファロの姿も見られる。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/30(木) 12:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。