ここから本文です

レアルが本気! ジダン監督寵愛のアザール獲得にモラタに加え、移籍金48億円の爆弾オファー準備

Football ZONE web 6/30(木) 15:20配信

英紙報じる EUROで復活のベルギー代表主将がターゲット

 レアル・マドリードがチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール獲得に向けてスペイン代表FWアルバロ・モラタに加え、移籍金3500万ポンド(約48億円)というオファーを計画しているという。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 レアルは以前からアザールに熱視線を送っていた。今季チェルシーではキャリア最大とも言える大不振に陥ったが、レアルのジネディーヌ・ジダン監督はアザールの実力を以前から高く評価。アザール自身もいつかジダン監督の下でプレーしたい希望を公言するなど相思相愛の関係となっている。

 アザールはチェルシー残留の意志を明かしているが、世界中のスターをかき集めるレアルはベルギー最高のスターを諦めていない。買い戻しオプションを行使して2年ぶりにチームへ復帰したばかりのモラタに加え、移籍金48億円を合わせたビッグオファーを計画し、なりふり構わない姿勢で獲得に向かっている

チェルシーは103億円級オファーを警戒

 一方、モラタは今夏チェルシーが狙うターゲットの一人でもある。レアルはモラタに4000万ポンド(約55億円)の値段を付けていることもあり、記事では「チェルシーはエデン・アザールに対するレアル・マドリードからの7500万(約103億円)ポンド級のオファーに警戒している」とレポートされている。

 主将として参加する欧州選手権(EURO)で復調し、ベルギーの準々決勝進出を力強くけん引するアザール。一方、スペイン代表はベスト16で敗れたとはいえ、モラタは3得点を挙げてウェールズ代表FWギャレス・ベイル、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンと並ぶ得点ランクトップタイとなっている。

 共にEUROで輝きを放ったスター2人の大型トレードは実現するのだろうか。欧州選手権でMVP級の活躍を見せるベイル、脅迫事件の被告となりフランス代表から落選となったカリム・ベンゼマ、スーパースター、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドという看板3トップ「BBC」にアザールがどんな化学反応を見せてくれるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/30(木) 15:20

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革