ここから本文です

ファン・ペルシーがわずか1年でトルコ撤退か フェネルバフチェ会長「我々は買い手を待っている」

Football ZONE web 6/30(木) 16:10配信

天才レフティー、16ゴールも起用法に不満

 昨夏トルコ強豪フェネルバフチェに移籍したオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーにわずか1年で移籍の可能性が浮上している。英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じた。

イブラ本命はミラン!? 伊紙が大物FW10人の去就を大胆予測

 現在32歳のファン・ペルシーは昨夏にユナイテッドを離れてトルコの強豪フェネルバフチェと契約。同じくユナイテッドから加入したポルトガル代表MFナニと共に目玉補強と目されたが、蓋を開けてみれば、ウォーミングアップでの無気力な姿が話題となったり、途中交代の多さに不満を漏らしているなどネガティブなニュースばかりが目立っていた。さらに、昨年10月にはオランダ代表の練習中にユナイテッドのFWメンフィス・デパイとの小競り合いを起こすというトラブルも発生。オランダ代表は欧州選手権(EURO)の予選で敗れるなど散々なシーズンとなった。

 初挑戦となったトルコ1年目はリーグ戦31試合出場で16得点を挙げた。高い決定力を見せた一方、先発出場は20試合。途中交代が11試合という内容には満足していないようだ。

トルコではネガティブニュースばかり目立つ

 フェネルバフチェのアジズ・ユルドゥム会長は他クラブからのオファーがあれば、起用法に不満を抱えるレフティー放出を辞さない考えだと明かした。

「ファン・ペルシー? 彼が売却を望むというなら我々は買い手を待っている」

 アーセナル、ユナイテッドというプレミアを代表する2クラブで得点王を獲得した世界最高のストライカーだが、ユナイテッドでのラストシーズンは負傷に悩まされていた。復活を期して新天地に選んだトルコでのキャリアは荒波にさらされている。わずか1シーズンでトルコを離れ、新たな移籍先を探すことになるのだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/30(木) 16:10

Football ZONE web