ここから本文です

EURO、準々決勝に勝ち残った8チーム。躍進続くアイスランド。優勝候補本命は?

フットボールチャンネル 6/30(木) 10:00配信

 いよいよ準々決勝に突入するEURO2016。ラウンド16からは一発勝負の戦いに突入し、より一層激しい試合が繰り広げられている。この熱戦を勝ち抜くのはどのチームだろうか。準々決勝に勝ち残った8チームを紹介する。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

ポーランド

【優勝オッズ】(ウィリアム・ヒル、6/29時点)
7.00(5位)

【FIFAランキング】
27位

【過去の最高成績(EURO本大会)】
グループステージ敗退(2008年、2012年)

【準々決勝までの戦績】

■グループステージ
北アイルランド戦(勝):1-0
ドイツ戦(分):0-0
ウクライナ戦(勝):1-0

■ラウンド16
スイス戦(分):1-1(PK戦勝利:5-4)

 グループステージで2勝1分の成績を残しグループ2位で突破したポーランド。チームのエースであるロベルト・レバンドフスキの調子が上がらない中、1点の奪い合いを制して勝ち上がってきた。

 決勝トーナメント1回戦ではスイス代表とPK戦にまでもつれ込む接戦を演じ、全員がPKを成功させてベスト8に駒を進めている。次の試合でも粘り強さを発揮することができれば、ベスト4入りも夢ではないだろう。

ポルトガル

【優勝オッズ】(ウィリアム・ヒル、6/29時点)
7.00(6位)

【FIFAランキング】
8位

【過去の最高成績(EURO本大会)】
準優勝(2004年)

【準々決勝までの戦績】

■グループステージ
アイスランド戦(分):1-1
オーストリア戦(分):0-0
ハンガリー戦(分):3-3

■ラウンド16
クロアチア戦(勝):1-0

 ポルトガルはグループステージで3戦連続引き分け3位になったものの、各グループ3位の中で成績上位チームとなったため決勝トーナメント進出を果たした。ハンガリー戦ではクリスティアーノ・ロナウドが2得点1アシストの活躍を見せ、チームの危機を救う。

 ラウンド16では0-0のまま延長戦に突入した末に、C・ロナウドのチャンスからリカルド・クアレスマがゴールを決め、今大会好調だったクロアチアを相手に1-0の勝利をおさめている。

1/4ページ

最終更新:6/30(木) 16:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。