ここから本文です

バルサが22歳の仏代表の万能型DFを36億円で獲得合意 最終ラインの強化に成功

Football ZONE web 6/30(木) 18:53配信

仏紙報じる EURO8強先発濃厚なウムティティ

 2年連続の国内2冠を達成したバルセロナがフランスの将来有望なセンターバック獲得に成功した。欧州選手権(EURO)に参加中のフランス代表DFサミュエル・ウムティティ(リヨン)を3000万ユーロ(約36億円)で獲得合意に達したと、フランス紙「レキップ」が伝えている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 ブラジル代表DFダニエウ・アウベスがユベントス、スペイン代表DFマルク・バルトラがドルトムントに去り、DFアドリアーノも移籍濃厚と見られている。また守備の要であるDFハビエル・マスチェラーノもユベントス移籍が取りざたされるなど来季のバルサの最終ラインには不安の声が出ていた。しかし、クラブは水面下でウムティティとの交渉を進めており、36億円の移籍金で5年契約がまとまったという。

 現在22歳のウムティティは昨季リヨンで30試合に出場し、チームの2位進出に貢献した。その急成長を買われ、バルセロナのDFジェレミー・マテューの負傷離脱の代役としてフランス代表のEURO メンバーに大抜擢された。フランスは決勝トーナメント1回戦アイルランド戦でDFアディル・ラミ(セビージャ)が大会2枚目の警告となり、次戦出場停止となる。そのため左利きのウムティティのスタメン起用が噂されるなど、大きな期待を背負っている。

左サイドバック、センターバックを兼任する多様性武器

 そんな、ウムティティは身長180センチで、恵まれたフィジカルパワーと爆発的なスピードを持っている。身体能力を生かして本職の左サイドバックだけでなく、センターバックとしてもプレーできるため、バルサにとっては守備の万能プレーヤーを手に入れることとなる。

 左サイドバックではスペイン代表DFジョルディ・アルバ、センターバックではDFジェラール・ピケやマスチェラーノ、マテューのバックアップかつチーム内競争を高める起爆剤となる。バルサの一員にふさわしいプレーをEURO8強に驚きの躍進を見せているアイスランド戦で見せられるか。ウムティティは自身のキャリアで重要な時を迎えている。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/30(木) 21:16

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。