ここから本文です

AKB48 小嶋陽菜、横山由依の掲げる“第2章”に疑問? 「自分の中ではあっちゃんの卒業で……」

リアルサウンド 6/30(木) 18:49配信

 AKB48が、6月30日に東京・お台場シネマメディアージュで行われた『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』の完成披露プレミア上映会に登場、映画に込めた思いやファンへのメッセージなどを語った。

 同作品は、AKB48のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48』シリーズの最新作。今回はSKE48のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』などを手がけた石原真氏が監督を務めた。10年の節目、高橋みなみの卒業を経験したメンバーたちが見据える次の10年を描いた意欲作だ。

 この日のイベントは、まず来場したファンへ向けて映画本編の試写を行い、その後に入山杏奈・大和田南那・柏木由紀・木崎ゆりあ・小嶋陽菜・込山榛香・島崎遥香・峯岸みなみ・宮崎美穂・向井地美音・横山由依・渡辺麻友と石原真監督が舞台挨拶として登壇した。

 冒頭、グループ総監督の横山が「前作から2年が経って、登壇しているメンバーも若いメンバーがたくさんです。AKB48もいろんな変化がありました。映画を見てメンバーがどう思っているか感じることができたし、引き続きグループをもっと前に進めていきたいと思いました」とコメント。続けて石原監督は「まずはメンバーへの懺悔から」と前置きし、「AKB48って約120人いるんで、全員にインタビューできなくてゴメンなさい。あと、普段から映像をジャンジャン撮るし、インタビューをたくさんしたのに『使うのこれだけかよ』って思われてるかも」と語ると、峯岸が「(インタビューに)呼ばれてもないぞ!」とヤジを飛ばし、会場が笑いに包まれる一幕も。

 また、渡辺は石原監督について「石原さんはAKBを熱狂的に応援してくれていて、ここにいる誰よりもAKBファンかもしれない。でも、だからこそ作れる映画になったと感じました」と語り、柏木は「今まで以上にいろんなメンバーが描かれているし、いろんな事柄をポジティブに捉えている。見た後に『これからもAKB48を応援したいな』と思える作品」と、作品全体にグループへの愛を感じることができたと明かした。

 トーク中盤では、石原監督が今回の『存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48』について、「10周年だし、高橋みなみさんも卒業だし、ある程度構成は考えていたけど、横山さんが横浜スタジアム公演で『第2章が始まります』と言ったのを聞いて『ああ、そうか』と思って組み直した」と横山の発言が今回の構成へ影響を与えたことを明かすと、小嶋は「あの場所で『第2章』といわれたときに『え?』と言った。自分の中ではあっちゃん(前田敦子)の卒業で第1章は終わったかなと思ってたから……」と第2章についての考え方に相違があることを説明した。これに対し、峯岸も「主要メンバーの卒業のたびにここかなと思う」と賛成し、「でも、今回は小嶋さんの卒業発表もあって。自分の中では新たなAKBが生まれる感じがする」と、世代交代を感じさせるコメントを残した。

 続けて、劇中でハロー!プロジェクトを手がけたつんく♂、ももいろクローバーZのマネージャー・川上アキラ氏、そして『週刊文春』の記者に取材をしていることについて、石原監督が「AKB48の内部だけを描いて満足できればいいけど、10年経って国民的アイドルグループになると、外との関わりが外せない。だからつんくさんや川上さん、そして卒業したメンバーにも話を聞いた」とコメント。これについて入山は「アイドルグループが他グループに『どう思ってる?』と聞くのはタブーというか。そこにあえて踏み込むのが面白いなと思った」と試みに対する感想を素直に述べた。

 後半では、海外で活躍するメンバーをフィーチャーした部分についても言及。大和田は「移籍自体が大きな決断なのに、海外に行くとなるとさらに大きい。私だったら難しいと思った」と尻込みすると、込山は「海外にも仲間がいるというのは心強いし、私もいつかはAKBのために大きな決断ができるようになりたい」と、自身の決意を語った。

 イベントの最後には、横山が「『存在する理由』というタイトルは、なんなんだろうともがいている姿が描かれている。劇場に足を運んでくれることで私たちは存在できるんですけど、これからは存在理由を探し続けるのがAKBなのかなと思っています」と語り、トークは終了した。

 また、この日のエンドロールをもって、主題歌が書き下ろし新曲「あの日の自分」であることが明らかに。同作品は7月8日より全国で公開が開始される予定となっている。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/30(木) 18:49

リアルサウンド