ここから本文です

ネイマール、ついにバルサと5年契約更新へ!クラブ会長「数日間で解決」と断言

Football ZONE web 6/30(木) 22:19配信

早ければ1日にも締結とスペイン紙「AS」報じる

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は去就問題で揺れるブラジル代表FWネイマールが早ければ1日にも5年契約を結び直すと明言した。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

「ネイマールはバルサから移籍しない。彼は出て行ったりしない。ファンも理解していることを願っている。明日なのか少し遅れるかわからないが、ネイマールは5年契約にサインすることになる」

  バルサの会長はこう断言した。ネイマールに関しては宿敵のレアル・マドリード、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドが約200億円の移籍金を準備しているとレポートされていた。

 そしてスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが今季限りでチームを去ったPSGは新たなカリスマ獲得に、年俸36億円に加え、契約した際のボーナスとして48億円も準備。オイルマネーに物を言わせたメガオファーを出しているとレポートされていた。

「彼は一度も移籍したいと言ってない」

「他のクラブが彼に興味を持つのは普通のことだが、私はこれを明確にしておく。彼は一度も移籍したいと言ったことはない。彼はここでプレーすることを希望しているし、我々も残留してほしい。クラブと代理人は契約延長で交渉完了寸前だ。数日間で解決することを願っているよ」

  バルトメウ会長はこう語った。ブラジルの魔法使いの2022年シーズンまでの残留を宣言したことで、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスとの「MSNトリオ」継続の可能性が高まったことは、バルセロニスタにとっては一安心といったところだろうか。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:6/30(木) 22:19

Football ZONE web