ここから本文です

「本田のバランス感覚は不可欠」伊記者、“ティキ・タカ”目指すミラン新監督を分析

フットボールチャンネル 6/30(木) 11:53配信

 日本代表FW本田圭佑のバランス感覚はミラン新監督のもとでも有効に働くと現地イタリアでは考えられているようだ。29日、イタリア『ミランニュース.it』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 エンリコ・フェッラッツィ記者はミランの新監督に就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ氏のサッカーを「ティキ・タカ・アッラ・ミラネーゼ」と表現。スペイン代表やバルセロナが得意とする美しいパスサッカーを好む同指揮官の戦術的志向を表した。

 モンテッラ監督はフィオレンティーナ時代は4-3-3と3-5-2の使い分けを主に、4-2-3-1や3-4-2-1も採用するなど多くの選択肢を持つ監督として知られている。どの布陣を採用した場合でもボールを保持するポゼッションサッカーを志向しており、ショートパスを中心に美しい攻撃を展開することで称賛を集めてきた。

 フェッラッツィ氏はミランでモンテッラ監督の理想的なサッカーを展開するためには強力なレジスタ(演出家を意味する組み立てを担当する選手)の存在が不可欠と指摘している。実際に同監督の古巣であるフィオレンティーナのマティ・フェルナンデス、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの獲得を画策しているという噂が飛び交っている。

 一方で攻撃陣では本田は右サイドでバランスをもたらす選手として期待されていると分析されている。万が一エースFWカルロス・バッカを放出した際にはジェノアのレオナルド・パボレッティ獲得に動くようだ。

 マッシミリアーノ・アッレグリ監督、シニシャ・ミハイロビッチ監督と結果を出しながらもシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が志向する“美しいサッカー”を実現することができずに解任へと向かった過去のミラン指揮官たち。果たしてモンテッラはミランに“ベル・ジョーコ(美しいサッカー)”を復活させることはできるのだろうか。

(文:Keiske Horie)

フットボールチャンネル

最終更新:6/30(木) 22:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。