ここから本文です

ハーフナーか“韓国のイブラヒモビッチ”か。名門ガラタサライ、長身FWを探索

フットボールチャンネル 6/30(木) 12:20配信

 トルコのガラタサライは、アジアが誇る2人の長身ストライカーに興味を示しているようだ。

 同クラブは先日、ADOデン・ハーグの日本代表FWハーフナー・マイクの獲得が噂されていたが、トルコメディア『fotospor』は韓国代表FWソク・ヒョンジュンも獲得ターゲットになっていると報じている。

 191cmの長身が武器のソク・ヒョンジュンは“韓国のイブラヒモビッチ”という異名で知られており、アヤックス、マリティモ、アル・アハリなどのクラブを経て今年1月にヴィトーリア・セツバルからポルトに加入した。

 今季のポルトガルリーグでは25試合10得点を記録しており、トッテナムのFWソン・フンミンらとともにオーバーエイジとしてリオ五輪に臨むU-23韓国代表に選出されている。

 ガラタサライは、最多となる20回のリーグ優勝を誇る国内屈指の名門クラブ。直近5シーズンで3回のリーグ優勝を遂げているが、今季は6位と低迷している。

フットボールチャンネル

最終更新:6/30(木) 13:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)