ここから本文です

ジダン、レアルに“鬼軍曹”入閣を希望? 来季は“ハードワーク”を武器に

フットボールチャンネル 6/30(木) 20:20配信

 今季レアル・マドリーをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導いたジネディーヌ・ジダン監督だが、来季はさらなるチーム強化のため“鬼軍曹”の招聘を望んでいるようだ。29日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ジダン監督が望むのはイタリア人フィジカルコーチのアントニオ・ピントゥス氏。フィジカルコーチ一筋でサッカー界を渡り歩いてきた同氏は、ジダン監督が現役時代ユベントスで共に仕事をしている。その徹底した仕事ぶりはジダン監督の望む“ハードワーク”を実現するのに理想的であるとのことだ。

 クラブはピントゥス氏と交渉を開始しているが、ピントゥス氏は一足先に来季からマルセイユのフィジカルコーチとして契約を済ませている。マルセイユ側は当然マドリーに違約金と賠償金の支払いを請求しており、この交渉がどのような結末になるか注目される。

 今季途中就任ながらもCL制覇を達成したジダン監督。来季はさらに豊富な運動量を武器に強力なチームをつくり上げるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/1(金) 6:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。