ここから本文です

ブレグジットでほくそ笑むBRICS? 金融市場の注目を取り戻すのか

Forbes JAPAN 6/30(木) 11:36配信

中国とロシアは、英国の欧州連合(EU)離脱の決定に祝杯を挙げているだろうか?大っぴらにではないが、恐らくそうだろう。ただ、リーマン・ショック級ともいわれるこの事態に、歓声を上げているなどとは思われたくないはずだ。



英国が自ら招いた傷が現実として定着し始め、世界経済はまだ大混乱を回避している。こうしたなかで、新興経済国のリーダーたちにはそれぞれ、一人でひそかに笑う理由がある。ちょうど先進各国が、BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)各国の政府のうち、一番先に崩壊するのはどこかと見守っていた時のように──。英国は崖から飛び降りた。今、世界の中でより不安定にみえるのはどの国だろうか。

金融市場を動かす物語

市場は物語によって変化する傾向がある。金融についてはあらゆる分析が行われているが、それでも私たち人間は、物語が好きだ。そして、世界的な資本の動きについて私たちが20年近くにわたって注目し続けてきた話がある。

物語のタイトルは、「家を探す資金」としておく。欧米の古い経済は、世紀の変わり目には推進力を失っていた。当時、成長がみられたのは発展途上国。なかでも規模が大きかったのは、BRICSの各国だ。

2007~08年の世界金融危機を経て、物語の筋書きはまた一歩先へ進んだ。いち早く回復したとみられた中国の姿に、「中国の世紀」という言葉がよく聞かれるようになった。そして、原油価格の上昇に伴い、ロシアとブラジルも成長を見せ始めた。だが、こうした筋書きは現在までに、すでに消えてなくなっている。米国経済は着実に回復し、一方のBRICSは、いくつもの課題に直面している。

中国の債務バブル懸念、ブラジルとロシアを襲う原油価格の下落やその他の問題、南アフリカで続く政治的混乱、インドのかたくなな外資規制──。物語の筋書きは、大きく欧米寄りに方向を変えた。欧米各国では国境を超えた投資が急増。特に英国、そしてロンドンへの投資は大きく増加した。

1/2ページ

最終更新:6/30(木) 11:36

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント