ここから本文です

アップルがまたもや中国で提訴、政府動画の無断配信容疑  

Forbes JAPAN 6/30(木) 19:40配信

アップルがまたもや中国で訴訟に直面している。同社は先日も中国のスマホメーカーから訴えを起こされたばかりだ。



中国のメディアや出版コンテンツの監督にあたる政府機関SARFTは、アップルを著作権違反で訴えた。訴状は6月30日、北京市海淀区の人民法院のウェブサイトに掲載された。

訴えの内容はアップルがアップストアに掲載した動画配信アプリ「Youku(优酷)」が、SARFTが権利を有する動画を無許可で配信しているというものだ。SARFTによると問題の動画は1994年に放送された。

アップルはアリババ傘下のYoukuとともに、「多大な経済損失をもたらした」とされている。SARFTによると被害額は7,515ドル(約77万円)だという。

アップルは同社の売上の25%以上を生み出すと言われる中国で、相次いで訴訟に直面している。北京の特許局はアップルが中国のスマホメーカー、バイリ(佰利)の権利を侵害したとして、iPhone 6とiPhone 6 Plusの販売差し止めを命じた。アップルはこの命令に抗議し、現在もなおこの2モデルの販売を継続中だ。

フォーブスはアップルにコメントを求めたが回答は得られていない。アリババとYoukuも回答を拒否した。SARFTで取材の電話をとった人物は「自分はコメントする立場に無い」と答え、担当者への転送も拒否した。

アップルは他にも中国で訴訟問題を抱えている。今年5月、北京の高級人民法院はアップルが販売差し止めを求めていた、IPHONEというブランド名の財布やスマホケースの販売は違法ではないという決定を下した。また、4月にはiTunesやiBooksストアへのアクセスが当局によって突然遮断され、何の説明もないままその状態が続いている。

Yue Wang

最終更新:6/30(木) 19:40

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。