ここから本文です

アーセナル移籍報道に浅野本人が言及。「ビックリしていますけど、どこに移ってもできる自信はある」

SOCCER DIGEST Web 6/30(木) 0:13配信

「(アーセナルに)行ったらどうなるのかというイメージも持っている」

[キリンチャレンジカップ2016]日本4-1南アフリカ/6月29日/アルウィン

 U-23日本代表の国内ラストマッチ、U-23南アフリカ代表戦を前にビッグニュースが飛び込んできた。広島の浅野拓磨が、プレミアリーグの強豪・アーセナルと合意間近だと、『Copa90』が報じた。

【U-23 日本 対 南アフリカ PHOTO】中島、矢島の2ゴールと浅野のダメ押しゴールで圧勝!



 広島もオファーが届いていることを認めている。U-23南アフリカ代表戦で1得点・1アシストと4-1の大勝に貢献した浅野が、ミックスゾーンで大勢の記者に囲まれるのは必然だった。
 
 ただ、次々に質問を浴びせる記者たちへの対応は、世界に名を轟かすメガクラブからオファーがあったとは思えないくらいに落ち着いていた。それもそのはず。「クラブから僕のところになにも情報が入ってきていない。これからどうなるかは分からないが、戻ってみないと考えることもできないので」。
 
 相手は結論を急いでいるとの話もあるが、それについても「戻って話し合わないことには……。きちんと話を聞いたうえで、冷静になって考えたい」とスイスイと躱していく。
 
 それでも、熱い想いがチラリと顔を覗かせる。

「(アーセナルから認められたことについて)ビックリしていますけど、どこに移ってもできる自信はある。それに(アーセナルに)行ったらどうなるのかというイメージも持っている。
 
 でも、海外に行くことがゴールじゃない。自分のレベルを高めるために(挑戦するのが)必要なのであればチャレンジしたいと思うし、プロに入ってからもより高いレベルを目指したいと思ってやってきた」
 
 記者の「アーセナルに移籍すると、その後にレンタルに出されるという話があるが?」との質問に対しても、「もしそうなったとしても、置かれた環境で、目の前のことに対して100パーセントで頑張ることを常々考えている。どのチームに行ってもやるべきことは一緒」とした。
 
 A代表にも名を連ねる“ジャガー”は、「今日もこの試合のことだけを考えていた。友人とかからも特に連絡は来ていないし、見ていないんじゃないですか?(笑)。僕も(仲間に言われるまで)気が付いてなかったですし」と周囲を和ませ、未来の話などどこ吹く風だ。
 
 浅野は今後、広島に戻り、クラブと話し合うことになる。そこでどんな答えを出すのか、スピードスターの決断を待ちたい。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/30(木) 16:10

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ