ここから本文です

【リオ五輪代表】「今日みたいな相手に先制されるのはもったいない」。大島が語る南アフリカ戦の問題点

SOCCER DIGEST Web 6/30(木) 7:00配信

「チャンスがあれば走ろうと思っていた」

 リオ五輪初戦で対戦するナイジェリア対策として臨んだ南アフリカ戦で、U-23日本代表は4-1の勝利を収めた。
 
 司令塔として攻撃陣を操った大島僚太はゲームをこう振り返る。
 
「ビルドアップの時に少しハマる感じになってしまい、(試合の)入りは相手をリズムに乗せてしまったので反省点は多いかなと思います。こっちが流動的にいくと(相手は)外れていたので、そこに正確につなげれば、良い形になるかなと思っていました」
 
 中盤にスペースがあったことで、大島は次々にパスを成功させていった。加えてこの日は、前へのダイナミックな動きも随所で披露した。

【U-23 日本 対 南アフリカ PHOTO】中島、矢島と浅野のダメ押しゴールで圧勝!

「ディフェンスラインの背後に走ると良い形になるというスカウティングがあったので、チャンスがあれば走ろうと思っていました」
 
 1点ビハインドで迎えた37分には矢島慎也のスルーパスを相手の最終ラインの裏で受け、ゴール前で待つ中島翔哉へラストパス。
 
「(矢島)慎也が良いタイミングで出してくれましたし、抜け出した後は(中島)翔哉が良い位置にいてくれたので、自分が打たなくても入るほうを選びました。翔哉は怪我をしていて、戻ってきた試合で点を取ってほしいという気持ちもあったので」と、想いを乗せたパスは、中島の足もとに届き、同点弾へとつながった。
 
 その後、チームは逆転。大島は51分に交代するまで不在の遠藤に代わり、キャプテンマークを巻きピッチを走り回った。仮想ナイジェリアとして戦った南アフリカに勝てたことは自信になったのではないか。
 
 しかし、答はこちらの想像を否定するものであった。

「(本大会でやる相手は)もっと強いと思う。もっと迫力があると思う。そういう相手じゃないチームに先制されているのはもったいないですし、引き締めなくてはいけないと思いました。手応えよりそっちのほうが大きいです」
 
 だが、「やり残したことはない」とチーム発足からこれまでの歩みには納得の表情を見せる。本大会まで約1か月。大島とチームは課題を抱えながらさらなる成長を誓う。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/30(木) 7:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ