ここから本文です

フジロック最多出場アーティストランキング・ベスト5 【邦楽編】

ローリングストーン日本版 6/30(木) 18:00配信

【特別連載】
ローリングストーン日本版 X フジロックフェスティバル ’16

画像付きで記事を見る

フジロックフェスティバル過去20年間に出演したアーティスト約2500組のうち、最も出演回数が多いアーティストはいったい誰なのか? そんな素朴な疑問を解決するために、ローリングストーン日本版が独自に集計。前回の洋楽アーティスト編(6月6日更新)に続き、今回は邦楽アーティストを調査した。

※GREEN STAGE, WHITE STAGE, FIELD OF HEAVEN, RED MARQUEE, ORANGE COURT出演者より選定(セッション、コラボ出演は除く)

5位:The Birthday
出演回数:6回
出演年数:5年(08、09、11、12、14 ※08年は2ステージ)
Vo & Gtのチバユウスケは、現在までの自身バンド、飛び入りゲスト、DJでの出演も含めると、なんと計14回というフジロック常連中の常連。もちろん今年もレッド・マーキーへの出演が決まっている。SOUL FLOWER UNIONも同位にランクイン。

SOUL FLOWER UNION(00、05、07、09、11 ※00年は2ステージ)


4位:BRAHMAN
出演回数:6回
出演年数:6年(99、01、02、05、09、13)
フジロッカーにはすっかりおなじみのBRAHMANが4位にランクイン。毎回アツいライヴで苗場の気温を上げまくってくれている。なお、同位にランクインしたのはSOIL&"PIMP"SESSIONS、eastern youthなど5組。いずれも盛り上げ上手なバンドばかりだ。

SOIL&"PIMP"SESSIONS(03、05、07、09、11、13)
eastern youth(99、01、03、06、08、11)
BUFFALO DAUGHTER(00、02、04、06、10、14)
クラムボン(03、05、07、09、11、15)
渋さ知らズオーケストラ(01、02、04、07、09、12)

1/2ページ

最終更新:6/30(木) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他