ここから本文です

ザ・ストロークスの新作、ミステリアスな『Threat Of Joy』のMVが公開

ローリングストーン日本版 6/30(木) 17:00配信

ザ・ストロークスの新しいMVは、マスクを付けた男たちによる強奪や陰謀が含まれる奇妙なクリップ。

【動画あり】ザ・ストロークスの新作、ミステリアスな『Threat Of Joy』のMVが公開

ザ・ストロークスの新しいビデオ・クリップ、『Threat Of Joy』はフェイントで始まる。劇中劇なのだ。バンドはミュージック・ビデオを撮ろうとするのだが、謎の組織が現れて監督を拉致し、フィルム・リールが消える。

映像が失われたことを説明するキャプションが表示され、クリップの残りへと続いてゆく。バンドがカジュアルな雰囲気で『Threat Of Joy』を演奏していると、フル装備のSWATチームのメンバーが部屋をくまなく捜索する。"出口なし"のネオン・サイン。その陰謀の裏にいる豚のフェイス・マスクを被った男たちの一団。その中のひとりが"ウォール・ストリート。金を儲けるのは俺たちで、お前らは何もするな"というメッセージの横に立っているのが一瞬映しだされる。

ストロークスは、その間淡々と演奏している。「僕のところに来たモノは頂いちゃうよ」とヴォーカルのジュリアン・カサブランカスが歌う。「くれるモノは何でももらうよ」。

『Threat Of Joy』は、ストロークスのEP『フューチャー・プレゼント・パスト』に収録されている(映像を奪われた曲、『Oblivius』も収録されている)。EP『フューチャー・プレゼント・パスト』は6月3日に発売されている。

Translation by Kise Imai

ELIAS LEIGHT

最終更新:6/30(木) 17:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。