ここから本文です

「浮気の証拠を見て見ぬフリ」女性2人に1人

R25 7/1(金) 7:00配信

浮気をした男性が女性に問い詰められる――という場面はよくドラマなどで描かれる。とはいえ、そんな修羅場なんてそうそうない気もするが…。女性が気づいていない? それとも黙っているだけ? まずは、恋人がいたことのある20~30代の独身女性会社員200人に、「浮気の証拠を発見して、疑ったことがあるかどうか」アンケート調査を行った。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

〈根拠をもって「恋人が浮気しているのではないか」と疑ったことある?〉

・疑ったことがある 42.0%
・疑ったことはない 58.0%

多数派は「疑ったことはない」だが、「疑ったことがある」人も4割以上存在。では、そんな証拠を掴んだ女性たちはどのような行動に出たのだろうか? 「疑ったことがある」と回答した84人に“直接問いただしたか否か”についてさらに質問してみた。

〈疑いを明らかにするために、恋人に問いただしたことはある?〉

・問いただしたことがある 46.4%(40人)
・問いただしたことはない 53.6%(44人)

なんと、証拠を掴んでも浮気を指摘しない人が過半数。証拠があるとはいえ、事実を突きつけた後、別れが透けて見えるだけに踏み切れない乙女心があるのだろう。見て見ぬフリをする女性がこれほど多いとは…。ちなみに、「問いただしたことがある」という人に、その時の彼氏の反応も教えてもらった。どうやら様々なパターンがあるようだ。

●「あっさり白状する」彼氏
「困って謝ってきた」(31歳)
「自分が悪いから自分はふさわしくないかもしれないと弱気になった」(29歳)

●「感情があふれる」彼氏
「泣き出した」(24歳)
「逆ギレし、家具を破壊した」(27歳)
「えっっ!!!と口ごもるその後逆ギレ」(34歳)

●「挙動不審になる」彼氏
「ふいうちで、いきなり問いただしたら、口角がビクッとなって、目を合わさなくなり、その場から逃げようとした。その後、見事に浮気現場を目撃!少しして振りました」(28歳)
「近くにある飲み物を飲み干してむせた」(33歳)

●「逆質問する」彼氏
「なんでわかるのと言われた」(25歳)
「なんでそういう風に思うのかと聞いてきた」(34歳)

●「多弁になる」彼氏
「必死にごまかそうと口数が増えた」(35歳)
「『えっ、なんで?』から始まり、自分は怪しくない、ということを喋りまくった」(35歳)

なお、「携帯を見せてくれた」(30歳)、「疑っていた点を全て包み隠さず見せてくれて、無実であることを証明した」(23歳)なんて彼氏もいたようだが、さすがに冷静にいられる人は少ないだろう。

それにしてもこんな修羅場には遭遇したくないもの。浮気を隠すのも難しそうだし、嫌な思いをしたくなければ、一人の女性に一途なのが一番…!

(千川 武)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/1(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。