ここから本文です

夫逮捕の高島礼子だが…視聴者「ドラマは放送して!」

R25 7/1(金) 7:00配信

元俳優の高知東生容疑者が、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の容疑で逮捕された事件。ネット上では、高知容疑者の妻である女優・高島礼子を心配する声が多数あがっている。

夫が逮捕された6月24日の夜、高島はFAXで謝罪コメントを発表。

「私自身、報道でこのことを知り、ただただ驚いて困惑している状況です。今はこれしか申し上げられません。今後、事実関係が明らかになることを見守らせていただければと思っております」

とのことで、今後の自身の活動については触れていなかった。

現在、高島は花王、太田胃散、アパレルメーカーのキングとCM契約を結んでいるが、高知の逮捕を受け、一部メディアで花王とのCM契約が打ち切られたと報道された。しかし、その後花王は報道を否定、契約は継続中であると発表した。

たしかに、夫が逮捕されたとなると高島礼子のイメージダウンは避けられない。CM打ち切りの噂が浮上するのも仕方ないところだが、ツイッターでは、

「高島礼子がブローネのCM降板せなあかんなんてほんまお門違いも甚だしい」
「降板しないで欲しい かっこいいお姉さん高島礼子ってイメージだもん。旦那さんは罪を犯したけど、高島礼子は関係ないよ!!」

と、高島は悪くないのだから、CMを降板する必要はないとの声が多い。

また、7月からは、高島が警察官役で主演する連続ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)がスタートする予定。高知逮捕の影響で放送が危機だとの報道もあるが、ツイッターでは、

「でもほんまに高島礼子は可哀想やし来月からのドラマ絶対放送して欲しい、とても楽しみにしていたのだ」
「覚せい剤報道関係なく、高島礼子の新しいドラマ超面白そう ぜひ放送してほしい!」
「去年、私の心を打った土ワイのドラマが連ドラ化と知って喜んでいたのに…放送してけれ!」

など、こちらについても予定通り放送してほしいというネットユーザーが多かった。

高島に対する同情もあるが、単純に“作品として面白そう”という意見も多い同ドラマ。視聴者としては、高知の逮捕など関係なく、とにかく面白いドラマが見たいという気持ちも強いのかもしれない。
(小浦大生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/1(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。