ここから本文です

家事の達人に教わる!「予防家事」でラクして快適

東京ウォーカー 7/1(金) 7:00配信

気温がどんどん上がり、カビやダニなどが繁殖しやすくなるシーズン。発生してからでは取り除くのがたいへんなので、カビなどの菌、ダニの餌となる汚れなどをつけないよう予防するのが“予防家事”! 

【写真を見る】ダニやカビの発生が気になるベッドは、汗などの湿気をためないことが大切

こまめにケアすれば、結果的に手間が最小限になってラク&快適に。そんな“予防家事”のコツを知的家事プロデューサー・本間朝子さんに教えてもらった。

●「予防家事」って、どんなこと?

1.カビなどの菌が発生する前に汚れを除去/カビなどの菌が発生してから取り除くのはたいへん。菌の餌となる汚れがつきにくくなるよう工夫し、ついた汚れは早めに落とすようにすれば、手間は少なくてすむ。

2.汚れや湿気をためない配置やもの選びを/汚れ予防にカバーをつけたり、掃除しやすいよう家具の配置を工夫したりするのも有効。家具や道具は汚れがつきにくいものを選び、水まわりは水けが切れる置き方を心がけて。

3.カビや菌を予防するグッズや洗剤を活用/抗菌タイプの洗剤やグッズを活用するのもおすすめ。通常の家事と同じ手間で、カビやイヤな臭いのもとになる菌を抑えることが可能に!

具体的には、洗濯物は乾いたものから取り込んで菌&悪臭の発生を防ぐ、汗をかく季節だからこそベッドの下に湿気をためない、食材の雑菌を増やさないで食中毒防止、などなど。ぜひ取り入れてみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/1(金) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。