ここから本文です

横浜流星、演じた役は「一言で言うと天才です」

Smartザテレビジョン 7/1(金) 10:00配信

昨年9月の東京・天王洲銀河劇場を切りに、名古屋、大阪と3都市で行われた、幕末の揺れ動く時代を疾走した少年たちの一生を描いた舞台「もののふ白き虎」。

【写真を見る】横浜や安西らイケメン勢ぞろいのボスタービジュアル!

白虎隊の史実を基に、少年たちのはかない友情と間ドラマを安慎太郎、横浜流星、青木玄徳の旬な若俳優陣が一堂に会し、白虎隊として運命と闘った少年を熱演した。CSテレ朝チャンネル1では、7月31日(土)昼4時より、舞台「もののふ白き虎」を“テレ朝チャンネル オリジナル版”として副音声に安、横浜、青木を迎え放送。3人が公演の映像を見ながら思い出やここでしか聞けない裏話を語る。

放送に先駆け、3人がコメントを寄せた。

【安西慎太郎】

――「もののふ白き虎」の簡単な概要、見どころを教えてください。

白虎隊ってすごく悲しいイメージがありますが、今回の「もののふ白き虎」は、白虎隊がどう死んでいったかではなく、どう生きたかというところに着目して作られました。

演出の西田大輔さんが、一人一人に合ったその人の魅力が出るアクション・殺陣を作ってくれたので、そこも見どころの一つではないかなと思います。

――「もののふ白き虎」は、ご自身にとってどんな作品でしたか?

ずっと憧れて、一緒にやってみたいと思っていた西田大輔さんの脚本・演出の下で演技できたことがとてもうれしかったです。また、キャストのみんなが同年代ってこともあって、負けたくない気持ちが自分にとって成長につながったと思います。

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

とても熱い作品で、キャスト・スタッフ全員が本気で力を入れて、とにかくお客さまの気持ちを動かそう!と、変化球なしでストレートな気持ちで挑んだ作品です! 僕たちも副音声で入るので、ぜひ皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです。

【横浜流星】

――ご自身が演じられるキャラクターの役どころ、性格・容姿の印象を聞かせてください。

一言で言うと天才です。演出家の西田さんからはずっと天才天才って稽古場から言われていました。西田さんの言う通りで、クールでカッコよくて、強くて頭も良くて、普通に見たらホントに天才なんだけど、主人公・貞吉への嫉妬心だったりとか、欠けている部分があって、熱い心を持っているし、人間らしいなって思いました。

――稽古中や本番中の全体の雰囲気はどんな感じでしたか? また、印象的なエピソードを教えてください。

本当に楽しくて、騒ぐところは騒いで、でもみんな一生懸命やるところはパッと一生懸命やるので集中力もありますし、自分が一緒にやっていてすごいなって思う人もたくさんいて勉強になる一カ月間になりました。稽古終わった後はほぼ毎日といっていいほどご飯を食べに行ってましたね!

仲はすごい良かったです。一生付き合っていけるような仲間ができたかなって僕は思います。この作品が思ってからも安西慎太郎くんとはご飯に行く仲ですごく楽しい作品になりました。

――最後に放送を楽しみにしている視聴者の皆さまにメッセージをお願いします。

また舞台とは違った形で、見ていただけるってことがすごくうれしいですし、舞台を見に来てくれた方は懐かしんでくれたらうれしいなって思うし、舞台に来られなかった人にも「もののふ白き虎」の魅力を存分に味わってほしいなって思います。あと僕たち3人の副音声での仲の良さも聞いてくれたらと思います。

【青木玄徳】

――「もののふ白き虎」はご自身にとってどんな作品でしたか?

役者人生としての分岐点的な作品だったんじゃないかと。気持ちというか考え方的に、出演してすごく救ってもらった作品だったかなと思います。

――出演した後の変化はありましたか?

ありましたね! 出る作品が面白いって言われる確率があがったというか、この作品に出てからですね、ほんとに! そんな運的なものを引き寄せてくれたんです。この作品にはそんなすごい力があるんだと思います。

――次回作「瞑るおおかみ黒き鴨」にもご出演されるということですが…。

内容もほぼ決まってないんですが、西南戦争の話を日本最後の内紛と言われる話を描く。ただその時代には戦死してしまった人も出演するので、斉藤一の過去を振り返ったりとかも出てくるんじゃないかと…西田さんの脚本で演出なのですごく面白いと思います!

――次回も斎藤一という役なんですが、一年を空けて同じ役というのはどんな気持ちですか?

さっきも言ったんですが、自分を救ってもらった役だという部分もあって、役者というのは役に救われる職業というか。感謝の気持ちも込めてもう一度演じさせていただけるプレッシャーもありながら、うれしくもあり、やれることは全部やって、舞台上でお客さんに魅せられるように、ぶつけられるようにという気持ちです。

――それでは放送を楽しみにしている視聴者の皆さまに「メッセージをお願いします。

オリジナルストーリーの舞台がここまで放送していただけるのがすごくありがたいことですし、この作品に携われて良かったという一つの結果だと思っています。この続編は僕が主演をさせていただくということで、ぜひこのCSテレ朝チャンネルで「もののふ白き虎」をご覧いただき、予習してから第2弾を見に来ていただけたらうれしいですね。

僕は副音声とかになったらた大概くだらない笑いの方に走ってしまうので、そこもある種の見どころという事で、主演だった2人も織り交ぜながら楽しくやりたいと思っています。ぜひぜひチェックしてください。

最終更新:7/1(金) 10:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。