ここから本文です

アニメ“コンレボ”最終話、正義の超人とは!?

Smartザテレビジョン 7/1(金) 14:09配信

アニメ「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG」の最終回第24話『君はまだ歌っているか』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第24話では、古くから人と共に存在してきた妖怪、魔物、悪魔たちが、科学至上主義となった人類の犠牲とされることに反発し、爾朗を盟主として決起

本作は、「これまで数々のフィクションで描かれてきた超人たちが、同時に実在していたとしたら?」という仮想の“もうひとつの日本”を舞台にして繰り広げられる、多彩な超人たちの饗宴(きょうえん)。モザイクのようにちりばめられた無数の要素が新たに語られる超人や秘匿されてきた歴史の真実と化合してスパークを放つ。

【第24話『君はまだ歌っているか』】

古くから人と共に存在してきた妖怪、魔物、悪魔たちは、科学至上主義となった人類の犠牲とされることに反発し、爾朗を盟主として決起した。だが、爾朗の乗るアーラエクウスのエネルギー放射はとどまることを知らず、輝く竜と化して敵味方の別なく炎に巻き込み始める。

超人同士が対立するように仕向けてきた、帝都広告社の里見の真の目的とは何か?

超人の存在意義を賭けた戦いの中、最後の決着の時が、まさに迫っていた…。

なおニコニコ生放送では、7月1日(金)夜9時30分より「『コンクリート・レボルティオ』會川昇&氷川竜介の“なるほどTHE神化”2」を配信。原作者・會川昇氏と、評論家の氷川竜介氏、監督の水島精二氏が“コンレボ”を徹底解説する1時間となっている。

最終更新:7/1(金) 14:09

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。