ここから本文です

ツール・ド・フランス開幕!合わせて見たい『疑惑のチャンピオン』とは

東京ウォーカー 7/1(金) 19:00配信

全世界が注目する世界最高峰のサイクルロードレース、それがツール・ド・フランスだ。オリンピック、サッカーワールドカップと並び世界三大スポーツの1つにも数えられ、世界の190近い国で中継、のべ35億人が視聴すると言われる。

【写真を見る】レースそのものが最大の見どころだが、同時にフランスの美しい景観が眺められるのも大きな魅力

第103回目を迎える2016年は、7月2日(土)から24日(日)までの全21ステージ(2回の休息日含む)で行われる。総走行距離は3519kmにも及び、非常に過酷なレースである。スタート地点は世界遺産モン・サン=ミシェル。ここからフランス国内を反時計回りに、途中スペイン、アンドラ、スイスの国境を越えながら一周し、ゴールのパリを目指す。

日本では一部の熱狂的なファンを除けば、ツール・ド・フランスという名前を聞いたことはあるが、どんなものか知っている方は意外に少ないだろう。近年こそ健康志向やコミック「弱虫ペダル」の影響からロードバイクに目を向ける人口が増えてきているが、それでもまだまだメジャースポーツとは言い難い。そんなツール・ド・フランスに興味を持った初心者の方、さらには観戦歴豊富なツールの過去を知っている方にも見ていただきたい作品がある。

第103回ツール・ド・フランス開幕と同日7月2日(土)に公開される『疑惑のチャンピオン』という映画だ。主人公はランス・アームストロング。前人未踏、ツール・ド・フランス7連覇の偉業を達成した男だ。この名前を聞いて往年のツールファンはどんなキーワードを思い浮かべるだろうか?“奇跡的カムバック”“不屈の闘志”“英雄”“カリスマ”そして“偽善者”“裏切り者”“薬まみれ”といったところだろうか。

1992年、21歳でプロデビュー。しかし25歳でステージ3の精巣ガンに冒され、脳にも転移していたランスは大手術と過酷なリハビリを経て再びレースに復帰する。そして満を持して1999年の第86回ツール・ド・フランスに出場し、念願の総合優勝を果たす。そこから怒濤の7連覇という偉業を達成し、同時に自分と同じ境遇のガン患者支援活動を行い、多くの人々から尊敬を集めた。だがその偉業の裏で彼がしていたことは。原題は『THE PROGRAM』、まさしく医師の“プログラム”に基づいたスポーツ史上最も医学的に高度なドーピングだったのだ。

ランスは飽くなき勝利のため、禁断のドーピングに手を染めてしまう。本作はその過程を最後までつぶさに追い、ここまで描くかというほど詳細に描き出している。それもそのはず、本作の原案となったのは「Seven deadly Sins:My Pursuit of Lance Armstrong」、かねてよりランスの才能をいち早く見抜き、高く評価していたスポーツジャーナリストのデイヴィッド・ウォルシュが2012年に発表した著作で、このドーピング事件の顛末を物語っている。ウォルシュはランスの才能を認めていたからこそ、ガン闘病前後でクライミング能力が不自然なぐらい変わったことに疑いを抱いたのだ。

だが本作はランスを単なる悪人として批難するだけの映画ではない。彼の内面や葛藤をはじめ、人間としてのランス・アームストロングを描いて見せているのだ。

さらに、ランスはドーピングにより7連覇の記録を抹消され、永久追放宣告を受けたが、ドーピングはこれが最初でも最後でもない。ツールの歴史を紐解くまでもなく、ドーピングは今なおスポーツ界を汚染し続けている。つい先日、ロシア陸上界で組織ぐるみのドーピングが明らかになったのはその典型例だろう。

開幕直前に暗い話になってしまったが、負の面から目を背けることはできない。ステージ終了後には表彰式が行われ、ステージ優勝者は喜びを爆発させる。だがその裏で優勝者を含む選手数名はすぐさまドーピング検査を受けているのだ。こういったところにも注目して観戦すればより深くツール・ド・フランスの世界に浸れるかもしれない。

7月24日(日)、パリのシャンゼリゼで凱旋門をバックに栄光のマイヨ・ジョーヌ(総合優勝者に与えられるイエロージャージ)を着用しているのはいったい誰か?全21ステージ、今年も暑い、そして熱い夏がやってくる。この機会にぜひツールドフランスの世界をのぞいてみてほしい。【東京ウォーカー】

※第103回ツール・ド・フランス第1、2ステージはスカパー!及びJ:COMのJ SPORTS 4で無料視聴できる

第1ステージ(モン・サン=ミシェル~ユタ・ビーチ):7月2日(土)19:00~25:30 実況:サッシャ、解説:栗村修、ゲスト解説:初山翔(チームブリヂストン・アンカー)

第2ステージ(サン・ロー~シェルブール・アン・コタンタン):7月3日(日)20:55~25:30 ナビゲーター:白戸太朗、解説:浅田顕(エキップアサダ監督兼代表)、ゲスト:フローラン・ダバディ

最終更新:7/1(金) 19:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。