ここから本文です

藤山直美が富士山のかぶり物姿で子供を褒める!

Smartザテレビジョン 7/1(金) 20:40配信

映画「団地」で日本人初となる上海国際映画祭最優秀女優賞を受賞した藤山直美が、7月4日(月)からBSフジ「beポンキッキーズ」(毎週月~金曜朝7:30-8:00)に登場。番組オリジナルソング「キミはえらい!」を熱唱する。

【写真を見る】「子供が喜ぶならかぶり物でも着ぐるみでも、何でもしましょう!」と藤山

視聴者の子供の名前を呼んで褒める歌を放送する企画で、“元気なおばちゃん”というイメージの歌い手を探していたところ、真っ先に名前が挙がったのが藤山だったという。

藤山は出演のオファーに対して当初は「何で私が?」と思ったそうだが、自身の親戚の子供の顔が浮かび、「日本の子供たちが自分の歌で元気になったり、喜んでくれたら」という思いでオファーを快諾。

「子供が喜ぶならかぶり物でも着ぐるみでも、何でもしましょう!」と意気込み、富士山のかぶり物に着物というルックスで曲を歌うこととなった。

最終更新:7/1(金) 20:40

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。