ここから本文です

イブラ、マンU加入をSNSでついに表明!「世界に知らせる時が来た」

フットボールチャンネル 7/1(金) 0:52配信

 ズラタン・イブラヒモビッチが、自身のツイッターでマンチェスター・ユナイテッド加入を表明した。クラブからの公式発表はいまだない。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 今季限りで契約満了となったパリ・サンジェルマンを退団したイブラヒモビッチは、以前からジョゼ・モウリーニョ監督が就任したユナイテッド行きが決定的だと思われていた。

 しかし、なかなか公式発表がなされなかったことで母国スウェーデンのマルメやミランなどかつて所属したクラブへの復帰も噂されていた。

 イブラヒモビッチはツイッターで「世界に知らせる時が来た。オレの次の行き先はマンチェスター・ユナイテッドだ」と投稿し、新天地を世界に知らしめた。

 スウェーデン代表として参加していたEURO2016はグループステージで敗退。イブラヒモビッチはこの大会を最後に代表からの引退を発表している。

 なお、ユナイテッドはプレミアリーグ開幕前最後のプレシーズンツアーで、トルコのガラタサライとイブラヒモビッチの母国スウェーデンで対戦することになっている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/1(金) 7:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。