ここから本文です

スペイン代表に溝を作ったペドロの発言は許されざるものか?

SOCCER DIGEST Web 7/1(金) 6:00配信

「僕は人数合わせで代表に来たくはない」。控え扱いに不当を訴えたペドロ。

 プロのアスリートは、一般人がとても手が届かない運動能力や競技技術を身につけている。天与の才。手放しにそう表現してもいいくらいに、桁外れな場合もある。

【EURO2016】出場24か国の“美しすぎる”サポーターたち

 しかし、一般人から見たら想定を超えた能力も、プロ同士では紙一重と言える。では、なにが決定的な差となるのか。

 そこで要求されるのが、メンタルの部分なのだろう。それは血気盛んに戦いに挑み続ける精神力かもしれない。自分の強さを疑わず、ナルシズムに似た境地で、敵を打ち負かす。雄々しく、勇ましい。ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウドはこのタイプのメンタルの持ち主だろうか。C・ロナウドは類い希な身体能力とテクニックを持っているが、それを生み出し、支えてきたのは偏屈なまでの虚栄心と言われる。

 一方、泰然自若としたプレーでチームを鼓舞し続けられる冷静な心、それもメンタルの強さと言える。ナルシズムとは反対で、実直に堅実にチームのために力を尽くせる。犠牲心とも言えるが、平常心で行動できるタイプか。その筆頭格は、スペイン代表のアンドレス・イニエスタではないだろうか。イニエスタは能面の下にふつふつとした血の滾りを隠し、心を乱さず、創意を凝らせる。

 メンタルの強さ。

 そう一口に言っても、型にはめることはできない。個性によるものだし、組み合わせも大事だろう。C・ロナウドが11人いたら、まとまるものもまとまらない。

 ひとつだけ言えるのは、心の状態というのは落ち込んでいたり、悲観的になってしまったり、威張ったり、そうした不安定は好ましくない。自分を大きく見せても、小さく見せても、周りの信用を失う。

 EURO2016では,スペイン代表として60試合近い出場歴を誇るペドロが、控えという扱いに不当を訴えている。

「僕は人数合わせで代表に来たくはない。誰かを傷つけるつもりはないけど、プレーしたい。それだけが自分の願いさ」

 ペドロの発言は、正論のように聞こえるが、とても危険である。実際、物議を醸すことになった。

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。