ここから本文です

ホークス岩嵜「6人目が必要なときが来るはず」。中継ぎで結果残し、自ら手繰り寄せた先発の座

ベースボールチャンネル 7/1(金) 11:20配信

ようやく手に入れた先発のチャンス

 2年連続で交流戦最高勝率をマークしたソフトバンク。リーグ戦再開後、2位ロッテとの直接対決を2勝1敗とし、ゲーム差は8.5で首位を独走している。チーム防御率3.07はリーグ断トツの1位。先発ローテーションは開幕時から入れ替わりもあったが、そこで登板した投手はチャンスを逃すまいと好投を見せ、勝ち星をあげている。

 そのうちの一人が9年目の本格派右腕、岩嵜翔だ。

 6月30日、今季初先発のマウンドにあがった岩嵜。5月8日に1軍昇格し、ここまで中継ぎとして15試合に登板してきた。1勝0敗1セーブ、防御率0.82と安定した投球で、負け試合から接戦、勝ち試合での登板へと変わり、結果を出してきた。そうして信頼を得て勝ち取った先発マウンド。本来なら6勝をあげているバンデンハークの枠だが、疲労蓄積によって6月1日に抹消され、現在も首の状態が万全ではない。そこで山田大樹に続いて、先発のチャンスが巡ってきたというわけだ。

 ただ、すんなりとこのまっさらなマウンドを手に入れたわけではない。

 07年高校生ドラフト1巡目で入団後、毎年1軍登板は果たすも、定着できずにいた。初勝利は11年5月13日の西武戦。4年目での初勝利にお立ち台では思わず涙しながらも、「いずれはホークスのエースと言われるように」と宣言してみせた。13年には中継ぎとして起用され、自己最多の47試合に登板。しかし翌年は18試合に登板し(うち先発9試合)4勝1敗と思うような結果を出すことができなかった。

 この年、ホークスは日本一に輝き、主力選手は年明けにハワイでの優勝旅行を満喫した。その頃、岩嵜は常夏のハワイとは正反対の寒波が押し寄せる福岡県内で自主トレをスタート。「今までと同じことをやっていては、また同じ結果になってしまう」と自分を追い込みながらも、ふと「今頃みんなハワイで楽しんでるのかなぁ」とつぶやいた。普段、なかなか感情を表に出さない岩嵜が、いたずらっぽく笑っていたのを思い出す。

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 11:20

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。