ここから本文です

美容運をアップしたかったらバスルームもキレイに。特に気をつけるべき場所は「排水口」

OurAge 7/1(金) 17:20配信

素肌美人になりたいなら「風水ではバスルームをきれいにそうじすることが必須です」と言うのは、中国命理学研究家の林 秀靜さん。美の基本は清潔にある。つまり、毎日身体を洗ってきれいになるバスルームは、風水的に美容を象徴するのだそう。

「自分の身体はもちろん、バスルームそのものが清潔でないと、女らしさや美容運を低下させることにつながります。人の美しさは外見だけでなく、心も含めて日々の自分磨きが大切なのです」

バスルームの排水口には髪の毛などのゴミがたまりやすい。林さんによると「バスルームの排水口のそうじは、美容運とともに健康運、金運もアップする」のだそう。

まずヘドロや髪の毛などをとり、バケツ1杯分の熱めのお湯をかける。次に排水口専用の洗剤を適量垂らして終了。一晩放置して、翌日熱めのお湯をかけ流せば、ピカピカになる。

バスルームは湿気がたまりやすく、カビが発生しやすい場所。置くものを最小限に減らし、シンプルな状態で清潔さを保ちたい。シャンプーやリンス、ボディソープ、シャワータオルなど、必要なものだけをまとめて置こう。

また、シャワータオルがボロボロになっていたり、変色したボディブラシやぬめりの取れない軽石を使ってはいないだろうか?バスグッズは古くなったらすぐに新しいものに取り替えたい。いつまでも使い続けていると、美的感覚が失われ、美容運に悪影響を与えることになるそうだ。

洗面所で使わなくなったものも処分しよう。スキンケア用品や整髪料、歯磨き粉など、まだ残っているのに使わなくなり、そのまま放置しているという人はいないだろうか?
使っている必要最低限のものを残して、その他はすっきり捨てよう。ストックしておくものは、水気の飛び散らない収納棚へ保管して。

「余分なものがなくなり、すっきりしたバスルームや洗面所は、汚れが目につきやすくなります。こまめにそうじがしやすくなり、美容運がさらに高まります」(林さん)

最終更新:7/1(金) 17:20

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ