ここから本文です

ロッテ・川満の数奇な野球人生――「同郷の憧れ・伊志嶺選手といつかQVCマリンのお立ち台に」

ベースボールチャンネル 7/1(金) 12:40配信

中学校では補欠

 千葉県鴨川市で行われた昨年の千葉ロッテマリーンズ秋季キャンプ。参加全選手には練習後、宿舎に戻ってからのスピーチが義務づけられていた。その中でも印象深い内容と、チーム内で話題となったのが、今季4年目を迎える川満寛弥投手の話だった。元々、口数の多いタイプの選手ではない。どちらかというと人見知りで、静かな性格。その若者が、自分のこれまでの野球人生を丁寧に語った。

「ボクの中学校では野球部はあったのですが、3年生の時の部員は10人しかいませんでした。そして、ボクの背番号は『10』。チームで唯一の補欠です。3年生になるまで、ほとんど試合に出ることはなく、3年生になって、最後だからと、少し出させてもらったぐらい。あとはバット引きとか、ボールボーイをしていました」

 子どもの時から将来を期待され、野球の王道を歩んできた選手の多いプロ野球界において、冒頭で飛び出したこのエピソードは強烈な印象を与えた。チームメイトの間でざわめきが起こり、誰もが話を聞き入ったほどだ。

「あの時は本当に何を話していいのかわからず、何も話すことがなかった。だから、自分のこれまでを皆さんに知ってもらおうと思いました。それしか思いつかなかった」

 中学校では背が高いという理由で主に一塁をしていた。投手を本格的に始めたのは高校になってから。それもまた、部員14名の小さな野球部だ。そこから、どのようにしてプロ入りしたのか? それは数奇な縁といってもいい。

2アウトしかとれずも九州の名門大学から誘い

 高校3年夏の大会。初戦で名門・興南高校と対戦をする。先発登板をしたものの、1イニングもたず、2死をとったところで交代。そのまま、一塁を守り、出場を続けたが、試合は0-11のコールド負けを喫した。その試合を九州共立大学の監督、関係者が視察に訪れていた。興南高校の部員調査が目的だったが、たった2アウトしか取れずに一塁を守っている長身の左投手の姿が目にとまった。体の使い方、しなやかに投げるフォームは天性の輝きを放っていた。

「詳しくはわかりませんが、興南高校を見に来ていたのだと思います。その中でなぜかボクが目に留まった。本当に奇跡です。沖縄本島で試合だったので、宮古島に帰る時に空港でも大学の方々を見かけた。ただ、その時、自分には関係がないと思っていた」

 当然、大学で野球を続けるビジョンはなかった。しかし、九州の名門大学から誘いが来た。それでも、やはりこれまでの自身の野球人生を振り返ると、そこで活躍する自分の姿を思い描くことはどんなに夢を見ても到底できなかった。だから、断るつもりでいた。そんな時、沖縄水産高校で野球をやっていた親戚が背中を押してくれた。

「こんなチャンスはない。自分から潰すなんて、もったいない。やってみろ」

 九州共立大学野球部は、今までの部員数からは想像できないほどの大組織。恐る恐る飛び込んだ大学野球の世界。すべてが新鮮でレベルが高かった。トレーニング方法、練習メニュー。今まで我流で野球をしていた川満にとって、それらは初めての指導であり、勉強だった。一つ一つを丁寧にこなし、吸収を繰り返していく中で、これまで磨かれていなかったダイヤの原石は、急速に輝きを見せた。130キロにも満たなかったストレートはいつしか140キロを超えるようになった。

「一番は勝つ楽しさを知ったことですね。高校まで勝ったことがなかったですから。勝つのが楽しくて、充実していて、もっとやろう、勝つためにどうしようと考えるようになった。本当に大学のおかげで今がある。こんな自分に目をつけてくれた。感謝しかない」

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 12:40

ベースボールチャンネル