ここから本文です

手ぶらキャンプがこれからの新常識!

エイ出版社 7/1(金) 17:40配信

今年こそはキャンプデビューをと思っている人に

最近のキャンプ場は便利なもので、場所によっては必要な道具は全てレンタルできちゃうらしい。そんなウマイ話があるのかと、世話を焼くより焼かれるタイプの『CLUB HARLEY』編集部員が潜入調査。編集部のフリーダムな雰囲気そのままの、ゆる~いレポートをどうぞ! 今年こそはキャンプデビューをと思っている人には、心強い体験談になるかも!?

今年こそはと思っているなら、まずはレンタルキャンプから

『CLUB HARLEY』編集部員は、当然のことながら、ハーレー乗りばかり。そんなハーレー乗りがキャンプに行く、というシチュエーションを想像すると、リアにキャリアを付けて、荷物をドッサリ積んで、「キャンプ、行きます!!」なスタイルになる。それが楽しいアウトドア好きはいいけれど、身軽が好きで面倒くさがり、そしてハーレーを降りたら快適な環境に身をおきたい……なんて人にとっては、ハードルがちょっとお高めなのだ。何を隠そう、『CLUB HARLEY』の編集部員がそんな感じの集団で……。走るのは好きだけど、荷物背負うのはかったるい。しかも食材が悪くならないうちにキャンプ場に着かなくては行けない。そんな任務を背負うのは、気が重い。できれば元気なうちにたくさん走りたい、などなど、文字にしてみるとかなり勝手でワガママな話だけれど、それがホンネだから仕方ない。とはいえカラッと晴れた夏がくれば、アウトドアしてみたいな、なんて憧れる気持ちは持っているし、河原でバーベキューをしている人たちを横目に通りすぎれば、「お肉を分けてほしい…… !! 」と思うのが人の性。


人任せでラクがしたくて、でも美味しいものを野外でワイワイ食べたくて、テント泊なんかしちゃったりして、ちょっと非日常を味わいたい。そんなワタクシたちは調べました! ラクができるキャンプはないのかと。そしたらなんと、結構ありました!! 手ぶらで行けるキャンプサイトが。イスもテーブルも、料理器具に食材だって、み~んなレンタル。私たちだけがワガママだったわけではない。そんな時代だったのです!!


「ホントに手ぶらで行っても困らないか、試してみようぜ。絶対何も持ってくるなよ! 絶対だからな!! 」という厳命のもと、取材( !? )に向かう。南房総の穏やかな海沿いに、ワインディングの山道を堪能し、案の定、予定していた到着時刻から大幅に遅れ、16時ごろIN。いざキャンプサイトに入ってみると、なんと! ホントにすべてが揃っている!! テントも袋で丸まっているのではなく、ちゃんと根を貼って迎えてくれているではないですか!


早く食べてと言わんばかりにテーブルセットとバーベキューセットがお出迎え。紙皿や箸はもちろん、包丁やまな板、調味料もぜ~んぶ揃ってあとは飲み物を買うだけ! 別荘の庭に招かれたような気分。準備不要ってこんなに快適なのか!

1/2ページ

最終更新:7/1(金) 17:40

エイ出版社