ここから本文です

【MLB】イチロー、可能性低くも根強いオールスター出場への声「野球界にとっても楽しみとなり、大きな注目を浴びる」

ベースボールチャンネル 7/1(金) 17:00配信

3000本も目の前、今年は絶好調のイチロー

「メジャー通算3000本安打達成まであと12本と、新しい金字塔に着々と近づいているイチローだが、今年は2010年以来となるオールスター試合出場という可能性も出てきた」

 こう書いているのは、南フロリダの地元新聞『Sun-Sentinel』誌のクレッグ・デービス記者である。

 もちろん、今年は規定打席数に満たないため現在のところ首位打者にはなれないが、7月12日にサンディエゴで行われるオールスター戦にナリーグの選手として出るとすれば、ただセンチメンタルな理由だけではない。今年の実績がある。

 水曜日、マーリンズが10-3でデトロイト・タイガースに敗れた試合で、42歳のイチローは2本ヒットを打ち、打率を.342とした。さらにその前の日の試合でもイチローは2本のヒットを打ってメジャーでの通算ヒット数において歴代30位に浮上。次に待っているのは、ちょうど3000本のヒットを打って引退したロベルト・クレメンテ選手である。

 ドン・マッティングリー監督は「イチローは見ていて楽しい。何をとってもは(メジャー選手の)平均を上回っている」とこれまでの活躍を称賛している。

6年ぶりのオールスター戦出場は?

 メジャーリーグ機構のオールスター戦ファン投票は、6月末日で締め切られた。各チームから代表的選手を世界中のファンが選ぶことができるが、オンライン投票で毎日5回ずつ、計7日間、すなわち合計でひとり35回まで投票することができた。ただし、そのリストに、レギュラー選手でないイチローの名前はなく、イチローに投票する場合は、「外野手」の最後にイチローの名前(Suzuki,I.)を書き込む必要があった。

 無論、すでにリストアップされていない選手がオールスターに選ばれる可能性は極めて低い。しかし4番手の外野手でありながら大活躍中のイチローのオールスター出場について、デービス記者はこう書いている。

“It would be fun and attention-grabbing for baseball to have Ichiro as an All-Star for the 11th time while still performing at a high level. Although not an every-day starter, he has 16 multi-hit games this season.”
まだまだ高いレベルでプレーしているイチローが、11回目となるオールスター戦出場を決めれば、それは野球界にとっても楽しみとなり、大きな注目を浴びることになるだろう。毎試合スタメン入りする選手でないにもかかわらず、今年すでに16回もマルチヒットを記録しているのだから。


松本三郎

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/1(金) 17:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。