ここから本文です

[Alexandros]、『ターザン:REBORN』日本語版主題歌に決定 デヴィッド・イェーツ監督も絶賛

リアルサウンド 7/1(金) 6:00配信

 [Alexandros]が、7月30日に公開される映画『ターザン:REBORN』の日本語版主題歌を担当することが決定した。

 本作は、1912年にエドガー・ライス・バローズが発表した小説『ターザン』を、完全オリジナルストーリーで新しく映画化したアクション・エンターテイメント。かつてジャングルで動物たちに育てられたが、今や人の羨むすべてを手に入れ、社会の頂点に立っている“ターザン”が、愛する妻と故郷を救うため、再びジャングルに戻ることを決意する模様を描く。

 メガホンを取ったのは、『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・イェーツ監督。主人公・ターザン役を『ザ・イースト』のアレクサンダー・スカルスガルドが演じるほか、『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビー、『アベンジャーズ』シリーズのサミュエル・L・ジャクソン、『ヘイトフル・エイト』のクリストフ・ヴァルツらが脇を固める。
 
 日本版主題歌に起用された[Alexandros]は、洋画では初の映画主題歌を務め、本作のために新曲「Nawe, Nawe」を書き下ろした。“Nawe, Nawe”は、アフリカのスワヒリ語で“with you”の意味を持ち、アフリカ・コンゴを舞台に繰り広げられるジャングルの王ターザンのリアルな感情を謳った楽曲となっている。イェーツ監督がデモ音源を一聴し、本作に通じる世界観を気に入ったことから、洋画でのタイアップでは異例の吹替版のみならず字幕版の2D、3Dの本編でも楽曲が使用されることが決定した。

■川上洋平([Alexandros] Vo.&Gt.)コメント

今回、映画『ターザン:REBORN』の曲を作ることになりまして、とても光栄に思っております。この楽曲「Nawe, Nawe」には僕の映画愛を、ここぞとばかりに詰め込みました。歌というよりサントラの気持ちで仕上げたので、気持ち良く映画館をあとに出来るはずです。是非映画と一緒に楽しんでください。

■デイビッド・イェーツ監督より[Alexandros]へのコメント

[Alexandros]の皆さん、映画『ターザン:REBORN』の為に本当に素晴らしい曲を作ってくれてありがとう!
この映画のターザンが持つ二面性を表現し、音楽を通してこの映画の世界観が壮大に美しく描写されている。ストーリーにピッタリ合った楽曲だ。

■アレクサンダー・スカルスガルドより[Alexandros]へのコメント

クール! とってもかっこいい曲だね! サビの歌唱がターザンみたいだよ!

リアルサウンド編集部

最終更新:7/1(金) 6:00

リアルサウンド

なぜ今? 首相主導の働き方改革