ここから本文です

「バルサよ、永遠に!」とネイマールが契約延長合意に歓喜 魅惑の“MSNトリオ”継続へ

Football ZONE web 7/1(金) 13:00配信

自身のツイッターで喜びの声明を発表 PSGのメガオファーを蹴る

 ブラジル代表FWネイマールが、バルセロナとの5年契約の延長合意を発表。「バルサ、カタルーニャよ、永遠に」との声明を発表した“ブラジルの魔術師”は、クラブへの忠誠を新たにし、今夏移籍市場での最大の目玉だった自身の去就問題に終止符を打った。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 ネイマールは自身のツイッターで、「この夢を叶え続けることができて嬉しい。バルサよ、永遠に! カタルーニャよ、永遠に」と契約延長を喜ぶ声明を発表した。

 一方、ネイマールの所属事務所「NNコンサルトリア」は、「家族とともに、選手はバルセロナ残留を決断しました。5年契約を延長することになります。この契約は今週中に正式決定します。今回の決断で、スターの将来に関する様々な推測を終えることになります」との声明を出している。

 ネイマールに関しては宿敵のレアル・マドリード、パリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドが約200億円の移籍金を準備しているとレポートされていた。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが今季限りでチームを去ったPSGは、新たなカリスマを獲得すべく、年俸36億円に加え、契約した際のボーナスとして48億円も準備。潤沢なオイルマネーに物を言わせた驚愕のメガオファーを出していた。

バルサ会長も数日中の合意を断言

 最終的に天文学的なオファーを出してきたフランスの強豪PSGとの天秤になったが、ネイマールはバルセロナで栄光を追い続けることを決断したようだ。

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長も「ネイマールはバルサから移籍しない。彼は出て行ったりしない。ファンも理解していることを願っている。明日なのか少し遅れるか分からないが、ネイマールは5年契約にサインすることになる」と断言したばかりだった。

 “ブラジルの魔法使い”の2022年シーズンまでの契約延長が決まった。FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレスとの「MSNトリオ」継続の可能性が高まったことで、バルサの黄金時代はしばらく続きそうだ。

ゾーンウェブ編集部●文 text by ZONE web

最終更新:7/1(金) 13:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。