ここから本文です

レアル、モラタ転売でアザール獲得? 合計103億円で今夏最大の移籍が成立か

フットボールチャンネル 7/1(金) 8:10配信

 レアル・マドリーはアルバロ・モラタを利用して、この夏最大のビッグディールを成立させようとしてるようだ。30日付け英紙『ミラー』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ユベントスからマドリーに復帰したモラタだが、クラブは転売が既定路線とみられている。ジネディーヌ・ジダン監督も切望しているというアザールの獲得に動くマドリーは、チェルシーに移籍金4200万ユーロ(約48億円)+モラタというオファーを検討しているようだ。

 アザールの移籍金は9000万ユーロ(約103億円)といわれているが、モラタの評価額は4800万ユーロ(約55億円)。マドリーは移籍金の“補填”としてモラタをチェルシーに差し出すことで解決を図っている。

 先日にはイギリスの不動産会社が「モラタはロンドンに新居を探している」と暴露して話題を呼んだ。果たして、今夏最大のビッグディールは成立するのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:7/1(金) 8:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。