ここから本文です

フランスで大ヒット『世界の果てまでヒャッハー!』公開決定 数量限定シールチラシの配布も

リアルサウンド 7/1(金) 10:46配信

 フランスで興行収入2週連続No.1を記録した「All Gone South」が、『世界の果てまでヒャッハー!』の邦題で11月19日に公開されることが決定した。

 本作は、長編3本目の監督作となるニコラ・ブナムとコメディアンで俳優のフィリップ・ラショーがオリジナル脚本をもとに共同で監督を務めたアドベンチャー・コメディ。恋人ソニアにプロポーズをしようと、ソニアの父親が経営するブラジルの高級リゾートホテルを訪れたフランクと友人たちが、予想もしなかったハプニングに遭遇する模様を描く。キャストには、ラショーをはじめ、『最高の花婿』のクリスチャン・クラヴィエらが名を連ねる。

 公開を記念して、7月2日より全国の公開劇場にて、漫画家の谷口菜津子が手がけたシールチラシが数量限定で設置される。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/1(金) 10:46

リアルサウンド